クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • スーパーGT 2024年シーズンが開幕! GT500クラスは36号車「au TOM’S GR Supra」が圧倒的強さを見せつけました
SPORT
share:

スーパーGT 2024年シーズンが開幕! GT500クラスは36号車「au TOM’S GR Supra」が圧倒的強さを見せつけました

投稿日:

TEXT: 戎井健一郎(EBII Kenichiro/motorsport.com)  PHOTO: 佐藤正勝(SATO Masakatsu)

  • トムスのスープラ
  • 優勝し喜びの表情を見せる坪井 翔選手(写真左)と山下健太選手
  • 2位となった中山雄一選手(写真左)と関口雄飛選手
  • 3位になった山本尚貴選手(写真左)と牧野任祐選手
  • GT500クラス表彰式の様子
  • 2位の39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supraは後続とも熱いバトルを展開
  • ポールポジションのau TOM'S GR Supraが先頭でスタートしていく
  • 2024年シーズンから参戦するシビックタイプR。100号車STANLEY CIVIC TYPE R-GTが好調な走りを見せた
  • ピット作業を行うau TOM'S GR Supra
  • 予選から圧倒的な強さを見せたau TOM'S GR Supra

熟成極まるスープラが圧倒的な強さを見せつける

日本が世界に誇るGTカーレース「SUPER GT(スーパーGT)」。2024年シーズンが、4月13〜14日に岡山県で開幕しました。ニューマシンが多く登場し注目を集めていた開幕戦、どのマシンが勝利したのか、GT500クラスの決勝レースリポートをお届けします。

(motorsport.comの記事をもとに再編集しています)

2024年シーズンは新予選方式などトピックが多い

3月上旬のスーパーフォーミュラ開幕戦を皮切りにスタートした2024年の日本国内モータースポーツシーン。スーパーGTは同月に公式テストを実施し、フォーミュラE、F1といった世界選手権レースを挟み、4月13日に開幕の時を迎えた。舞台は開幕戦恒例の岡山だ。

今季のスーパーGTは新車両の導入やレギュレーションの変更など、いくつかの変革があった。その中で最も大きな変更が予選方式であり、従来のノックアウト方式から、Q1、Q2のタイムを合算して順位を決する形になった。また、予選Q1、Q2、決勝スタートスティントでは同じタイヤを使わなければならない。

その新予選でポールポジションを獲得したのは、GT500クラスが36号車au TOM’S GR Supra、GT300クラスが65号車LEON PYRAMID AMG。決勝レースは春を通り越して夏のような陽気となり、気温26℃、路面温度39℃というコンディションの下で13時30分にスタートした。

予選はトヨタが1-2を決めてホンダが3位に

GT500の予選を制したのは、Q2で坪井 翔が驚異的なアタックを見せた36号車au TOM’S GR Supra。トップ5のうち4台がトヨタ「スープラ」勢となり、39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supra(2番手)、38号車KeePer CERUMO GR Supra(4番手)、14号車ENEOS X PRIME GR Supra(5番手)が上位に食い込んだ。

その間に割って入り3番手となったのは、これがデビューレースとなるホンダ「シビックタイプR-GT」勢で、100号車STANLEY CIVIC TYPE R-GTがホンダ勢のトップに。日産「フェアレディZ」の最上位は6番手の23号車MOTUL AUTECH Zだった。なお、8号車ARTA MUGEN CIVIC TYPE R-GTはQ1のトラックリミット違反により107%ルールをクリアできず、規則によりピットスタートとなった。

100号車レイブリック

>>>国内外の最新レース情報が満載!「motorsport.com」

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS