クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • トヨタ「GR86」用のHKS GATE専売サスが凄すぎる! まるで「スムーズな運転養成ギプス」と呼びたい仕上がりとは【デモカー試乗】
CUSTOM
share:
トヨタ「GR86」用のHKS GATE専売サスが凄すぎる! まるで「スムーズな運転養成ギプス」と呼びたい仕上がりとは【デモカー試乗】

トヨタ「GR86」用のHKS GATE専売サスが凄すぎる! まるで「スムーズな運転養成ギプス」と呼びたい仕上がりとは【デモカー試乗】

投稿日:

TEXT: 加茂 新(KAMO Arata)  PHOTO: 宮越孝政(MIYAKOSHI Takamasa)

  • A PITオートバックス東雲のトヨタGR86デモカー
  • HKS GATEはA PITオートバックス東雲とスーパーオートバックス浜松の2拠点に展開するサテライトショップ
  • ホイールはTWS RS317でA PITオリジナルのブロンズカラー、 18インチ 9.0J+50。タイヤは255/35R18のブリヂストン ポテンザRE-71RSを装着
  • HIPERMAX GATE SPECサスペンション。フロントのバネレートは5kgf/mm
  • フロントブレーキはエンドレスの6POTライト
  • HIPERMAX GATE SPECサスペンション。リアのバネレートは6.5kgf/mm
  • リアブレーキはエンドレスのS4R
  • ECUはA PITオートバックス東雲オリジナルの純正書き換えサービス「デルタボックス」でチューニングされる
  • 吸気系はHKSのコールドエアインテークキット
  • 排気系はHKSエキマニにHKSのLEGAMAXマフラーを組み合わせる
  • 匠project エアロボンネットを装着
  • フロントスポイラーはHKSボディキットTYPE-S
  • A PITオリジナルのオリジナル商品のフェンダーダクト
  • 左側にはA PITオリジナルのフェンダーダクトにオプションのカーボンカバーが装着されている
  • HKSボディキットTYPE-S
  • テールランプはヴァレンティ製に換装
  • 排気系はHKSエキマニにHKSのLEGAMAXマフラーを組み合わせる
  • ダックテール形状のリアスポイラーはA PITオリジナル商品
  • インテリアは赤を基調としたカーボンでコーディネート
  • シートはBRIDEのedirb 162
  • HIPERMAX GATE SPECサスペンションの価格は29万4800円(消費税込)
  • 減衰力は30段階で調整できる
  • マジョーラ系のラッピングを全身に施されている
  • A PITオートバックス東雲のトヨタGR86デモカーを市街地とワインディングで試した

HKS×オートバックス×木下みつひろ選手がコラボした車高調

パーツメーカーやスペシャルショップが、自慢のアイテムや技術を惜しみなく投入しているのが「デモカー」。それぞれどんなコダワリを投入しているのか、そして実際のところ、純正スペックと比べて何がどう変わっているのでしょうか? 今回はHKSとオートバックスが共同開発した車高調「HIPERMAX GATE SPEC」を装着するトヨタ「GR86」に市街地とワインディングで試乗しました。チューニングライターを驚愕させた実力とは?

A PITオートバックス東雲のGR86デモカーに試乗

「ヤバい仕上がり、マジでチョービビる!」

冒頭からギャル語になるくらいの衝撃があったのがこのサスペンション、HKS「HIPERMAX GATE SPEC(ハイパーマックス ゲートスペック)」だ。まずは「HKS GATE」とは何かを説明しよう。

A PITオートバックス東雲とスーパーオートバックス浜松の2店舗が拠点となっているHKS GATEは、店内にHKSのコーナーがあるだけでなく、HKSのスタッフが定期的に常駐し、より専門的な知識でチューニングのアドバイスを行ってくれるサテライトショップだ。

このHKS GATEの専売サスペンションを作ろうというプロジェクトが立ち上がったのが2023年のこと。スーパーオートバックス浜松でこれまでも商品開発の協力をしていた木下みつひろ選手がそのアドバイザーとなった。

木下みつひろ選手はカートから全日本GT選手権、スーパーGT、スーパー耐久など幾多のレースに参戦。ブレーキ&サスペンションメーカーの社員として開発ドライバーをしていた経験があり、同時に横浜ゴムやハンコックタイヤでタイヤの開発ドライバーもしていた。

その木下選手と協力してもっと良いサスペンションを作ろうというのが今回のプロジェクト。トヨタ「GR86」/スバル「BRZ」用サスペンションを皮切りに、スバル「WRX」や日産「フェアレディZ」などにもサスペンションを開発している。今回はA PITオートバックス東雲のGR86デモカーに試乗した。

コストを抑制しながら極上の乗り心地を実現

だが、何でもありならサスペンションは良くできる。コストを掛ければそこそこ良いものはできるのがサスペンションというものだ。だからこそ、あえてこのプロジェクトにはコスト的な制約がある。実際完成したGATE SPECサスペンションは、ベースとなったHIPERMAX Sからわずか1万3000円アップの29万4800円(消費税込)で販売されている。開発ドライバーの木下選手はこう語る。

「内部パーツに高価なものを使うとかすれば、良くすることはできる。でもそれで高かったら意味ないですよね。なので、基本的に同じパーツを使って仕上げます」

そこでHKS HIPERMAX Sをベースに、内部のシムの構成などは変えるが、ピストンバルブ、オイルなどはそのまま。あとはフロントアッパーマウントをキャスター角の変えられるタイプにして、オリジナルのバンプラバーを装着する程度の変更が行われている。

今回は市街地とワインディングで試乗した。東雲のGR86デモカーのタイヤは255/35R18のブリヂストン ポテンザRE-71RSを装着。ホイールはTWS RS317でA PITオリジナルのブロンズカラーとなっていて、 18インチ 9.0J+50という組み合わせ。乗り心地には結構厳しい仕様と思える。

ところが乗ってみると極めて快適。街乗りでのわずかな上下動も減衰力がしっかりと効いているので、むしろ落ち着きが出ていてしっとりとしている。GR86はノーマルサスでもかなり良い仕上がりだが、それを超えてきている。しかも、それが255幅で剛性の高いポテンザRE-71RSで実現しているのだからチョービビる!  235幅くらいのミシュラン パイロットスポーツ5などを履いたら高級セダンのような乗り心地になってしまうんじゃないかと思うほどだ。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS