クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • トヨタ「GR86」で自然でしなやかなコーナリングを実現! TEINの「ジャーク制御」をサーキット体感しました【デモカー試乗】
CUSTOM
share:

トヨタ「GR86」で自然でしなやかなコーナリングを実現! TEINの「ジャーク制御」をサーキット体感しました【デモカー試乗】

投稿日:

TEXT: 加茂 新(KAMO Arata)  PHOTO: 宮越孝政/TEIN

GR86のタイヤの美味しいところが使える!

パーツメーカーやスペシャルショップが、自慢のアイテムや技術を惜しみなく投入しているのが「デモカー」。それぞれどんなコダワリを投入しているのか、そして実際のところ、純正スペックと比べて何がどう変わっているのか? チューニングライター加茂 新が試乗してレポート。今回は、TEINの電動リモート減衰力コントローラー「EDFC5」を装着したトヨタ「GR86」をサーキットで走りこみ、ジャーク制御の効果をチェックしてみた。

EDFCの減衰力自動コントロールに加わった「ジャーク制御」

サスペンション専業メーカーのTEIN(テイン)。ストリート用のリーズナブルなサスペンションから、ラリーやスーパー耐久シリーズなど本格的な競技に対応するモデルまで、幅広いラインナップを持つ国産サスペンションメーカーだ。

今回GR86にリーズナブルな車高調整式サスペンションRX1と遠隔自動減衰力機構であるEFDC5を装着したデモカーをサーキットでテストする機会を得た。

まずRX1の説明からするとテインのスポーツ系サスペンションの中でもリーズナブルなモデル。ストリートに主体を置き、車高を下げて乗り心地も快適に街乗りをこなせる。それでいてミニサーキットならば楽しく走れてしまうというのが製品キャラクターだ。構造は複筒式でしなやかさが特徴。もっとスポーツ向けモデルになると単筒式構造となり、よりサーキット走行にも対応しやすいが、あえて複筒式とすることでフリクションが少なく快適な乗り心地を実現している。

そこに組み合わせるのはEDFC5。EDFCは室内から減衰力が調整できるモーターとスイッチのセットで、2014年のEDFC ACTIVE PROからは速度や前後左右のGに応じて、減衰力を強めたり弱めたりする自動調整機構が備わった。

街乗りではソフトな減衰力にしておいて、80km/hを超えたらちょっと引き締めるように設定すれば、高速道路ではフラフラ感を抑えられ、普段は快適な乗り心地を堪能できる。そしてサーキット走行やワインディング走行では、ブレーキGに合わせてフロントの減衰力をアップ。加速Gに応じてリアの減衰力をアップ。左右Gに対してはアウト側のサスペンションのみ減衰力をアップするなど細かく設定できる。たとえばそのようにセットすれば、つねにクルマはフラットな姿勢に近いままを維持しやすく、姿勢変化を抑えたシャープなハンドリングを実現できるわけだ。

2023年1月、EDFC5に進化してさらに新たな制御が加わった、それが「ジャーク制御」。加速度の変化量=ジャーク(躍度、加加速度とも言う)をもとにクルマの姿勢変化を予測してその過渡域に減衰力を強める制御だが、ざっくりと噛み砕いて言えば、コーナリングしようとクルマがロールしていくときだけ減衰力をアップ。ロールが安定してクルマが旋回しだしたら減衰力はもとの数値に戻す制御だ。

これまでの自動調整だと、横Gが発生するとずっと減衰力は強まったままだった。そうなるとロールを抑えたくて横G発生に合わせて減衰力を大きく強くしようと設定すると、コーナリング中の乗り心地がハードだったり、回り込んだコーナーの後半でタイヤの路面追従性がイマイチになることがあった。

それがジャーク制御を使えば、ロール初期のクルマが「グラッと傾くとき」だけ減衰力を強くして、クルマが曲がり始めたら減衰力を抜いてタイヤは路面に追従させ、快適性も失わずにロール初期の大きな動きだけを抑えることが可能になったのだ。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS