クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 【TRDが提案する車の楽しみ方】中古で入手しやすくなった先代「86」が面白い! ノーマル「ヤリス」でも楽しさ爆発【デモカー試乗】
CUSTOM
share:

【TRDが提案する車の楽しみ方】中古で入手しやすくなった先代「86」が面白い! ノーマル「ヤリス」でも楽しさ爆発【デモカー試乗】

投稿日:

TEXT: 加茂 新(KAMO Arata)  PHOTO: 宮越孝政

  • ワークス合同試乗会にTRDが持ちこんだ先代86と素ヤリス
  • TRDパーツを装着したトヨタZN6型86デモカー
  • 手の内で扱えるパワー特性を最大に生かし、自在に操れるトータルパッケージを提案
  • TRDのフロントスポイラーを装着
  • ホイールはRAYS ZE40の17×7.5J+44。タイヤはミシュラン パイロットスポーツ5の225/45R17
  • カラードフロントフェンダーフィン
  • サイドスカートも装着
  • リアバンパースポイラー、ハイレスポンスマフラーVer. R、リアトランクスポイラー、リアサイドスポイラーなどを装着する
  • 2024年1月発売予定のTRDバケットシート
  • TRD×サベルト 6点式シートベルトもラインナップする
  • ヤリス 1.5X FFのジムカーナ仕様をベースにストリートセッティング
  • 今回TRDではワンメイクレース車両ではなく、素のヤリスをベースにカスタマイズを施して楽しむパッケージを提案
  • ヤリスにエアロスタビライジングフィンを装着
  • ヤリスにGRエアロタービュレータを装着
  • ヤリスにも2024年1月発売予定のTRDバケットシートが装着されていた
  • TRDジムカーナスペックダンパー(サスペンションキット)
  • TRD軽量フライホイールの試作品(右)
  • ヤリス 1.5X FFのジムカーナ仕様をベースにストリートセッティング
  • 86のエンジンルームにはフロントストラットタワーバーと、モーションコントロールビームが装着される
  • TRDパーツを装着したトヨタZN6型86デモカー

TRDが提案する86とヤリスの走りの楽しさ

近年は特にトヨタ車向けの競技パーツの提供に特化してきているTRD。今回はワークス合同試乗会に、「86」と「ヤリス」のモータースポーツ色の強いカスタマイズを施したデモカーを持ち込みました。試乗レポートをお届けします。

あらためて86の素材の良さを味わい尽くす

TRDの86デモカーはZN6後期型のGTグレード。あえて旧型の2Lエンジンのモデルを持ち込んだその理由を担当者はこう語る。

「今こそリーズナブルになってきた86が楽しみやすい。そしてあえて2Lのエンジンだからこそ、思い切り踏んで楽しめるからです」

たしかに現行型の「GR86」は絶対的な速さがあり、エンジンパワーも十分に高められている。だからがゆえに速すぎるというか、ちょっとサーキットで振り回して楽しんで遊ぶには、そもそも速すぎる部分もある。ドライビングスキルの高い人はいいが、ビギナーにはハッとするほどクルマが速い場面も多い。

その点86はいい意味で遅い。パワーがありすぎないので楽しみやすいのだ。しかし、86よりもさらにパワーが少ないと、今度はオーバーステアな挙動がほとんど出ないクルマになってしまう。そうなるとリア駆動の醍醐味は半減してしまう。その絶妙なバランスが取れるのが86というわけだ。

外装にはTRDのエアロパーツを装着。足まわりにはTRDの車高調を装着する。そこに機械式LSDをセットしてトラクションを活かして立ち上がり、スライドコントロールまで楽しめるように仕立てている。

ボディはTRDのモーションコントロールビームを装着。ボディを固めるのではなく剛性バランスの最適化をしているのだ。

今回試乗コースに用意されたミニサーキットを走ると気持ちよさが炸裂する。アクセルを踏めばリアタイヤはスライドするが、持て余さないパワーの86はカウンターステアでその挙動を収めることができる。

さらに、そんな激しい走りを前提に表皮にこだわり抜いたというTRDオリジナルの新作フルバケットシートと、サベルト製6点式シートベルトを装着。クルマの扱いやすさがワンランクもツーランクもアップされているのが印象的だ。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS