クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 自作で仕上げたトヨタ「エスティマ」はリップ2枚重ね! プロ顔負けのDIYアクリルワークのカスタムオーディオが自慢です
CUSTOM
share:

自作で仕上げたトヨタ「エスティマ」はリップ2枚重ね! プロ顔負けのDIYアクリルワークのカスタムオーディオが自慢です

投稿日:

TEXT: 石川大輔(ISHIKAWA Daisuke)  PHOTO: 冨川真一

  • トヨタ エスティマ:プロ顔負けのアクリルワークを駆使したハンドメイド仕上げ
  • トヨタ エスティマ:シルクブレイズのリップを加工して2枚重ね、ワイド加工や延長加工などを施す
  • トヨタ エスティマ:2本出しマフラー対応のリアバンパーを加工したうえで、ガナドールの4本出しマフラーを収めている
  • トヨタ エスティマ:シュヴァートSG1の20インチホイールを履く
  • トヨタ エスティマ:ウーファーボックス手前のカバーを外すと、エアサスのタンクやコンプレッサーが出現する
  • エスティマ好きというオーナーの“yu-kun”さん
  • トヨタ エスティマ:レザー張りのウーファーボックスを自作
  • トヨタ エスティマ:約4カ月かけてコツコツ製作したカスタムオーディオが自慢の1台

必見のカスタムオーディオはハンドメイドの賜物

プロ顔負けのアクリルワークを駆使したハンドメイド仕上げのトヨタ「エスティマ」。エスティマ好きというオーナーの“yu-kun”さんが、自らカスタムしたオーディオが自慢の1台です。エスティマを究極のカスタムオーディオと個性派スタイルに仕上げたワザとは?

ハンドメイド仕上げの個性派マシン

エスティマ好きが高じて1型から最終の4型に乗り換えたという“yu-kun”さん。エアサスを組んでから新車登録したそうだ。しかもカスタマイズのほとんどをDIYで仕上げたというから気合いが入っている。

たとえばフロントを見ると、純正リップを加工してラインLEDを埋め込んでいる。さらにモデリスタは定番すぎるので……と挑んだのはリップ2枚重ねというカスタム手法。シルクブレイズのリップを加工して2枚重ね、ワイド加工や延長加工などを施して、違和感のないフォルムに仕立て上げ、唯一無二のスタイルを実現した。

またリアについてもアヴァンツァーレのバンパーにLEDを埋め込んでディフューザーを追加している。LEDリフレクターも後付けした。そして2本出しマフラー対応のリアバンパーを加工したうえで、ガナドールの4本出しマフラーを収めているのもこだわりだ。数々のアイデアによって、オンリーワンのフォルムを構築している。

プロ顔負けのアクリルワーク!

さらに必見なのがカスタムオーディオだ。アクリルプレートやLEDライトを活用したプロ顔負けの仕上がりだが、こちらもハンドメイド。レザー張りのウーファーボックスを自作し、アクリル板を板材で挟み込み、ラインLEDを追加しているのだ。ナイトシーンでは幻想的なイルミネーションが楽しめる。すべてを仕上げるために約4カ月かけてコツコツ製作したとか。まさに入魂の1台といえるだろう。

ウーファーボックス手前のカバーを外すと、エアサスのタンクやコンプレッサーが出現する。コンプレッサーは2基掛けなのでパワフルだ。

足元を見ると、ワークのホイールが好きという“yu-kun”さんがチョイスしたのは、シュヴァートSG1の20インチ。星形が交錯するデザインに魅かれ、2年前に買い替えたという。

最後にコメントを求めると、オーナーの“yu-kun”さんが抱負を述べてくれた。

「エスティマ後期4型の最終モデルで、C.S.G Car Sound Girls所属です。来年もCSGミーティングの開催を盛り上げてきますので、よろしくお願いします!」

>>>WAGONIST No.344(2024年 1月号)を読みたい方はこちら

すべて表示

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS