クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

SUZUKI(スズキ)

スズキ「ハスラー」が「ゆるめな」クロスカントリーに変身!「ダムド」から新作ボディキットが登場

クルマをおしゃれにドレスアップするパーツを多彩に展開してトレンドリーダー的な存在の「ダムド(DAMD)」から、ハスラー用の新作ボディキット「ダムド ハスラー カントリー(DAMD HUSTLER COUNTRY)」のCGが先行公開されました。
ジムニーのイメージ

【実録】スズキ「ジムニー」は最強の相棒だった! 2年半の森の開拓ライフで分かった「強み」と「弱点」をお教えします

昨今のアウトドアブームで、キャンプへ向かう相棒としてSUVの注目が高まっています。そんななか、変わらず長年支持されているのがスズキ「ジムニー」です。SUVというより本格オフロード車ですが、どうして愛されるのでしょうか? その理由に迫ってみます。
ドアを開けるAZ-1

高騰が止まらない! 「シルビア」に「S2000」など一度は乗っておきたい国産ネオクラスポーツカーはいま買わなければ後悔必至です

いま、海外のファンにも注目されていることもあり、日本の90年代スポーツカーの高騰が止まりません。気軽に買えたころのような価格に戻ることはおそらくなく、残念ながらどんどん手が届かなくなる存在になるでしょう。いまが底値と捉え、買っておきたい国産スポーツカーを紹介します。

スズキ「スペーシア ベース」のアウトドア戦闘力に驚愕! 使い勝手も車中泊も死角なしの実力をプロが解説します

スズキから新たに登場した、税金面でのメリット絶大な4ナンバーの軽商用車「スペーシア ベース」。ここではそんなスペーシア ベースのアウトドア戦闘力について、すでにスペーシア ベースで愛犬とともにアウトドア、BBQなどを楽しんだ筆者の経験から解説したいと思います。

海外で秘かにヒットした国産クロスオーバーSUVがあった! 「スカイラインクロスオーバー」に「SX-4」を覚えてますか?

日本ではイマイチ販売台数が伸びずに、マイナーモデル……と、呼ばれていても海外ではかなりの大ヒットし、人気となったモデルが存在します。今回はそんな海外で高い評価を集めた日本車を、ごく一部となるますがピックアップ。あらためて振り返ってみましょう。
10ベストカーのイメージ

2022-2023「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の10ベストカーが決定! 今年は11台のなかからイヤーカーが決まる!!

今年一番のクルマを決める、日本カー・オブ・ザ・イヤー。2022-2023の10ベストカーが決定し、発表されました。1年間に発表・発売されたモデルのなかから、60人の選考委員が投票し、1番を決めるというもの。今年は同点があり11台が選ばれています。

冬の北海道でもフルチューンの「GRヤリス」や「アルトワークス」が足グルマ! 「雪でも乗る派」の涙ぐましい努力とは

北海道、そこはご存知のとおり、日本最北端の雪国。そんな環境でもチューニングカーでカーライフを楽しむオーナーは多数が生息しています。一面が真っ白に染まる冬場はみんなクルマをどうしているのでしょうか。今回は「冬場も乗る派」の生態をチェックしてみました。

北海道では「R35 GT-R」や「フェラーリ360」は冬眠させる!? 雪国ならではのガレージ事情とは

冬場は雪に閉ざされる北海道。「冬場でも乗る!」というチューニングカー乗りもいる一方、夏場にサーキットを思いっきり楽しみ、冬場は車両を保管しておくというオーナーもやはり多いです。では、「冬場は乗らない」保管派はどんな生態なのでしょうか。

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS