「タグ: マツダ」の記事一覧

令和に語り継ぎたい名車「ユーノス ロードスター」が愛され続ける理由

あらゆる面で初代への原点回帰が図られた 今上天皇のご退位により、30年間にわたる平成の時代が、間もなく終わりを告げようとしている。 その始まりとなった平成元年、1989年はのちに「ビンテージイヤー」と言われるほど、日本の...

続きを読む...

「マツダRX-7好き」なら見逃せない!ロータリー型のお皿と1/1スケールタペストリー登場

エンジンの微細な形状まで再現した食器 ヴィレッジヴァンガードオンラインストアでは、”名車と暮らす”をテーマとしたグッズを発売開始した。グッズやマニアックな「お皿」など、クルマ好きだからこそ、その価値がわかるものばかりだ。.…

続きを読む...

マツダが参加型モータースポーツを身近に! ドライビングレッスンを含めた4イベントに協賛

ドライビングレッスンも規模拡大へ マツダは、同社車両のユーザーを対象にした「Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー」「マツダファン・サーキットトライアル」「マツダファン・エンデュランス」「ロードスター...

続きを読む...

マツダ新型アクセラ北米仕様を日本初披露!

ハッチバックとセダンのマツダ3を展示 2019年1月11日から千葉県幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2019」のマツダブースは、初日から多くの人であふれていた。 それもそのはず、昨年11月にロサンゼルス自動車...

続きを読む...

ドレスアップ部門最優秀賞のマツダ・ロードスターのボディキットが販売へ

受注受付はオートサロンからスタートスタンダードキットは160万円なり2018年の東京オートサロンで「ドレスアップ部門最優秀賞を受賞したマツダ・ロードスター(ND型)」を覚えているだろうか。会場で目撃した方なら「欲しい!」...

続きを読む...

マツダ「G-ベクタリングコントロール」はディーラーで体感できる新発想の制御技術だった

交差点を曲がるだけで実感できるドライビングアシスト機能 ロードスターを除いた、ほとんどのマツダ車には「G-ベクタリング コントロール」という機能が備わっている。さらに、SUVの上級モデル「CX-5」と「CX-8」では「G...

続きを読む...

1 / 5123...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  9. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  10. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...