「タグ: マツダ」の記事一覧

マツダ新型アクセラ北米仕様を日本初披露!

ハッチバックとセダンのマツダ3を展示 2019年1月11日から千葉県幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2019」のマツダブースは、初日から多くの人であふれていた。 それもそのはず、昨年11月にロサンゼルス自動車...

続きを読む...

ドレスアップ部門最優秀賞のマツダ・ロードスターのボディキットが販売へ

受注受付はオートサロンからスタートスタンダードキットは160万円なり2018年の東京オートサロンで「ドレスアップ部門最優秀賞を受賞したマツダ・ロードスター(ND型)」を覚えているだろうか。会場で目撃した方なら「欲しい!」...

続きを読む...

マツダ「G-ベクタリングコントロール」はディーラーで体感できる新発想の制御技術だった

交差点を曲がるだけで実感できるドライビングアシスト機能 ロードスターを除いた、ほとんどのマツダ車には「G-ベクタリング コントロール」という機能が備わっている。さらに、SUVの上級モデル「CX-5」と「CX-8」では「G...

続きを読む...

マツダの飽くなき挑戦「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(国内編 Part 2)」

コンパクトからアッパーミドルへ。拡大化したロータリー・エンジン搭載車ファミリア・ロータリークーペに始まりサバンナ、カペラと展開。マツダのロータリー・エンジン拡大プロジェクトは70年代中盤からは、より上級レンジへとシフトし.…

続きを読む...

マツダの飽くなき挑戦「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(国内編 Part 1)」

マツダが育て、日本の技術で完成した名機”ロータリー・エンジンの歴史”ヴァンケル・エンジンの生みの親である「NSU」やおひざ元ドイツを筆頭とするヨーロッパで魅力的なヴァンケル・エンジン搭載車が誕生し...

続きを読む...

【MAZDA新型アテンザ試乗記】内外装と走りの質感は段違い!マイチェンとは思えない進化

走行性能の質感をバージョンアップ!フラッグシップモデルらしい高級感今や「マツダ」のフラッグシップ(旗艦)という重要な位置づけを担う『アテンザ』。国内外のSUVブームに押され国内販売面では300~500台/月と苦戦を強いら...

続きを読む...

メーター内蔵の近未来型「ステアリング」は機能性もルックスもスゴイ!

LEDワーニングランプ付きで演出もバッチリ!4月末デビューの『パフォーマンスステアリング』話題をさらったコンセプトモデルの発表から2年。「ダムド」からデジタルメーターを内蔵した『パフォーマンスステアリング』が、ついにデビ...

続きを読む...

1 / 4123...»

ウィークリーランキング

  1. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  2. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  3. 大阪オートメッセ2019「キャンギャル&コンパニオン・その3 画像ギャラリー200枚」

    キュート系からセクシー系まで、彼女たちに大接近!  インテックス大阪で...

  4. 「流れるウインカー」が純正バルブと交換するだけで実現可能に

    独自の設計で保安基準にも適合、 トヨタ・アルファードやノアなどに設定 ...

  5. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  6. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  7. 大阪オートメッセ2019・キャンギャル速報 その1「麗しの女の子たちを狙い撃ち!」

    恒例のキャンギャル画像ギャラリー・第1弾  関西最大級の規模を誇る自動...

  8. 最高落札価格は1億1000万円のフェラーリF40! ケンメリGT-Rは落札ならず【BHオークション速報】

    R34スカイラインGT-Rは2200万円で落札 2回目の開催となる「東...

  9. トヨタ新型「GRスープラ」国内仕様が初登場!TRDもカーボン製エアロを発表

    GRスープラの空力性能を高める機能パーツ  1月14日にアメリカ・デト...

  10. ミニバンなのに2列シート!広大な自由空間の使い方を提案

    3列目シートのスペースまでラゲッジに  モデリスタは、2月11日までイ...