「タグ: マツダ」の記事一覧

マツダ「G-ベクタリングコントロール」はディーラーで体感できる新発想の制御技術だった

交差点を曲がるだけで実感できるドライビングアシスト機能 ロードスターを除いた、ほとんどのマツダ車には「G-ベクタリング コントロール」という機能が備わっている。さらに、SUVの上級モデル「CX-5」と「CX-8」では「G...

続きを読む...

マツダの飽くなき挑戦「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(国内編 Part 2)」

コンパクトからアッパーミドルへ。拡大化したロータリー・エンジン搭載車ファミリア・ロータリークーペに始まりサバンナ、カペラと展開。マツダのロータリー・エンジン拡大プロジェクトは70年代中盤からは、より上級レンジへとシフトし.…

続きを読む...

マツダの飽くなき挑戦「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(国内編 Part 1)」

マツダが育て、日本の技術で完成した名機”ロータリー・エンジンの歴史”ヴァンケル・エンジンの生みの親である「NSU」やおひざ元ドイツを筆頭とするヨーロッパで魅力的なヴァンケル・エンジン搭載車が誕生し...

続きを読む...

【MAZDA新型アテンザ試乗記】内外装と走りの質感は段違い!マイチェンとは思えない進化

走行性能の質感をバージョンアップ!フラッグシップモデルらしい高級感今や「マツダ」のフラッグシップ(旗艦)という重要な位置づけを担う『アテンザ』。国内外のSUVブームに押され国内販売面では300~500台/月と苦戦を強いら...

続きを読む...

メーター内蔵の近未来型「ステアリング」は機能性もルックスもスゴイ!

LEDワーニングランプ付きで演出もバッチリ!4月末デビューの『パフォーマンスステアリング』話題をさらったコンセプトモデルの発表から2年。「ダムド」からデジタルメーターを内蔵した『パフォーマンスステアリング』が、ついにデビ...

続きを読む...

1 / 4123...»

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

    SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

  7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

  8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

    一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

  9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

    自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

  10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...