NISMO FESTIVAL 20th anniversary 『ニスモフェスティバルの20年史を振り返る1997~2000y』 (1/4ページ)

日産/NISMOを身近に感じる感謝祭がスタート
20年の歴史を振り返る

自動車メーカー系が主催するモータースポーツファン感謝イベントとして最も古い歴史を持ち、熱いファンが大挙する「NISMO FESTIVAL」が2017年で記念すべき20回目を迎えた。
今回はその歴史を振り返るとともに、この熱きイベントの裏舞台にも迫った!

ニスモフェスティバル、R390、ニスモ、グループA、TSサニー、R32GT-R、高橋国光、長谷見昌弘、土屋圭一

『1997y 第1回ニスモフェスティバル』

日本グランプリの興奮とル・マンの感動が重なる第1回ニスモフェスティバル

GT-Rのル・マン24時間レース挑戦を応援する会員クラブ”クラブ・ルマン”への感謝を直接伝える。第1回の『NISMO FESTIVAL』はNISMO社員のそんな思いで誕生。すべてが手作りのイベントだった!

ニスモフェスティバル、R390、ニスモ、グループA、TSサニー、R32GT-R、高橋国光、長谷見昌弘、土屋圭一

 

日産ファン感涙の歴代のレーシングカーを一同に展示!

記念すべき『ニスモフェスティバル』の第1回は平成9(1997)年11月30日に晴天に恵まれた富士スピードウェイで開催された。
企画・運営はイベント会社を使わず、すべてニスモ社員の手で行われた手弁当イベントであり、このコンセプトは現在も継承されている。注目のコンテンツは、その年のル・マン24時間レースに挑戦したR390GT1の国内初のお披露目。そして新旧GT-Rによる全開走行だった。

ニスモフェスティバル、R390、ニスモ、グループA、TSサニー、R32GT-R、高橋国光、長谷見昌弘、土屋圭一
レーシングコースを駆け抜けた7台だけでなく、日産モータースポーツの歴史を作ってきたレーシングマシンたちがピット、パドックに大集結。来場者は食入るように名車を眺め、なかなかその場を離れようとしなかった。
ニスモフェスティバル、R390、ニスモ、グループA、TSサニー、R32GT-R、高橋国光、長谷見昌弘、土屋圭一
現役のレーシングマシンを使用し、プロドライバーがステアリングを握る同乗走行は初年度から続くコンテンツ。興奮は今も昔も変わらない。

映像や写真でしか見たことがなかったR390の迫力ある走りや初代ハコスカGT-Rによるランデブー走行に歓声が上がっていた。また、平成5(1993)年を最後に姿を消したR32型のグループA仕様(ユニシアジェックス)の咆哮は、かつてのレースを知る者にとっても鳥肌の立つような感激を覚えた。
メインイベントは、これらさまざまなカテゴリーのマシンが一度にコース上を走る”模擬レース”。まさにモータースポーツの異種格闘技といった催しで、見たこともないシーンの連続にファンの目は釘づけとなったことは間違いない。

ニスモフェスティバル、R390、ニスモ、グループA、TSサニー、R32GT-R、高橋国光、長谷見昌弘、土屋圭一
NISMOが開発、販売を行う400R/270Rなどのコンプリートカーや日産系ショップが手掛けるチューニングカーを展示。視線を集めた!

また、日産/ニスモの契約ドライバーによるトークショーやレースクィーンによるファッションショー、そしてガレージセールなどパドックの催しも大盛況だった。
現在のニスモフェスティバルに比べれば、走行台数は少なかったが、このドリームマッチはその後、20年に渡る同イベントの基本的な骨格となり、モータースポーツの歴史を肌で感じることができるメーカー系イベントの先鞭をつけた。

ニスモフェスティバル、R390、ニスモ、グループA、TSサニー、R32GT-R、高橋国光、長谷見昌弘、土屋圭一
チャリティオークションでは実際にドライバーが着用したサイン入りスーツなど激レアアイテムも多数登場! 争奪戦が繰り広げられた。
ニスモフェスティバル、R390、ニスモ、グループA、TSサニー、R32GT-R、高橋国光、長谷見昌弘、土屋圭一
ステージでは日産車で闘うレーシングドライバーによるここでしか聞けないスペシャルトークショーやNISMOファッションショーが開催!

 

【↓次ページに続く↓】


画像ギャラリー