クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • テリー伊藤氏 プロデュース! デリカD:5の丸型ヘッドライト仕様を初公開【東京オートサロン2020】
CUSTOM
share:

テリー伊藤氏 プロデュース! デリカD:5の丸型ヘッドライト仕様を初公開【東京オートサロン2020】

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭  PHOTO: 佐藤 圭

ポップさとクラシカルさを絶妙にバランス

 三菱自動車は幕張メッセで開催中の東京オートサロン2020に、「デリカD:5 eye キュート produced by テリー伊藤」を参考出品している。D:5オーナーならではの視点で提案する新たなスタイルを見ていこう。

 演出家やコメンテーターとしての活躍だけじゃなく、根っからのクルマ好きとしても知られるテリー伊藤氏。自らも「デリカD:5 アクティブギア」を所有しており、並々ならぬ愛着を持っている。オーナーならではの視点で考えたアイディアをカタチにしたのが、この「デリカD:5 eye キュート produced byテリー伊藤」だ。

 ヘッドライトを丸型にすることでクールかつアーバンな雰囲気から、可愛らしくポップで親しみやすいイメージに変貌。足もとを飾るのはボディと同色に塗装した、MLJの「デイトナSS」とヨコハマタイヤの「ジオランダーCV G058」だ。

 さらにインテリアはシート生地をタータンチェック柄にするなど、ファッションにも造詣が深いテリー伊藤氏のセンスを存分に発揮。ポップさとクラシカルさが絶妙なバランスとなっているデリカD:5、特別仕様車でもパーツ単体でも正式に販売されたらブレイクするかもしれない。

すべて表示
  • 佐藤 圭
  • 佐藤 圭
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS