どちらも2400万円超え! 日本代表「GT-R NISMO」vsドイツ代表「AMG GT R」スーパースポーツ対決 (1/3ページ)

どちらも2400万円超え! 日本代表「GT-R NISMO」vsドイツ代表「AMG GT R」スーパースポーツ対決

日独を代表するロードゴーイングカーが対峙

「ジーティーアール」の名を冠するモデルは過去に遡ってみるといくつかあるが、21世紀のいま、生まれ故郷こそまったく異なるものの奇しくも似通った共通項を持つ、日独を代表するロードゴーイングカーが対峙することになった。ドイツを代表するメルセデスAMG GT R(C119)と日本を代表する日産GT-R NISMO(R35)だ。「メルセデスAMG GT R」vs「日産GT-R NISMO」日独GTRバトル

 ベースモデルの登場時期は、日産GT-Rが2007年12月。AMG GTの日本上陸が2015年5月と開きこそあるが、やがて日産GT-Rには「NISMO」が、AMG GTには「GT R」といったレーシングスペックを惜しみなく投入したモデルがラインアップされるなど、その生い立ちには似たものがある。

 また最高出力もAMG GT Rが585ps、GT-R NISMOが600psであることに加えて、販売価格もAMG GT Rが2453万円、GT-R NISMOが2420万円と、図らずも拮抗した数字が並んでいることも興味深い。

トップエンドを誇るハイパフォーマーをそれぞれに設定

 日産GT-Rはもともと、ひたすら速さを追い求めることを使命に生まれたクルマだ。デビュー翌年の2008年にはニュルブルクリンクでタイムアタックを実施したが、その計時タイムにポルシェが抗議したことで、再び公開の場で再アタックを行うなど、その動向が度々取り沙汰されてきたのは記憶に新しい。「メルセデスAMG GT R」vs「日産GT-R NISMO」日独GTRバトル

「NISMO」というのは日産のモータースポーツ関連会社として知られる。やがてそれがサブブランドとしてモータースポーツのDNAを受け継ぐパフォーマンスを与えたコンバージョンモデルにその名が与えられることになり、2013年にR35では初めてNISMOがラインアップされた。ちなみに今回の取材車両は、2019年7月に登場した2020年モデルだ(編集部注:2021年4月14日に2022年モデルを先行公開している)。「メルセデスAMG GT R」vs「日産GT-R NISMO」日独GTRバトル

 一方、AMG GT Rの日本上陸は2017年。当時、性能面で頂点に立つモデルとして送り出された。その後、さらなる高性能バージョンの「GT R Pro」が登場。日本でも20台のみが限定販売され、続いて2020年10月には最新の最強版となる「AMG GTブラックシリーズ」が発表された。

ニュルでの記録はAMG GTに軍配が挙がる

 参考までにニュルブルクリンクの2台のタイムについて触れると、日産GT-Rが2013年に7分8秒697をマークしたのが最速。その後も着実に速さが増していることには違いないのだが、混走などコースクリアではない状況でのタイムアタックとなり、公式記録としては更新できていない状況だ。「メルセデスAMG GT R」vs「日産GT-R NISMO」日独GTRバトル

 対するAMG GT Rは2017年に7分10秒92を記録。日産GT-Rに僅かに及ばなかったものの、2018年にはAMG GT R Proが7分4秒632をマーク。さらにAMG GTブラックシリーズが市販スポーツカーで最速(原稿執筆時点)となる、驚愕の6分43秒616を達成したことが昨年末に報じられたばかりだ。「メルセデスAMG GT R」vs「日産GT-R NISMO」日独GTRバトル

 そんなAMG GT RとGT-R NISMOは「サーキットを走るために生まれた公道走行可能なレーシングモデル」として、お互いに異なるアプローチをしながら結果的に同程度の速さを引き出しているところも興味深い。

画像ギャラリー