「面倒くささ」が楽しいのだ! AT限定にはわからないMT乗りの儀式3つ (2/2ページ)

noteで書く

MT車の儀式その3:「クラッチを切ってエンジン始動」

 前述した通りクラッチペダルを踏んでいなければエンジンの動力が伝達されている状態なので、仮にギヤをどこかのポジションに入ったままエンジンをかけると、クルマが「ドンッ!」と動いてしまい極めて危険だ(※エンジンストールするのですぐに止まるがクルマの大きさによっては数10cm程度動いてしまう)。それによる事故を防ぐためクラッチペダルを踏み、動力が伝わらないようにしてから始動するのがセオリー。

【関連記事】汚れた英雄の特別上映が決定! 全日本ロードレース選手権開催中の撮影地スポーツランドSUGOで名作が見られるチャンス

マニュアル車画像はこちら

 もっとも最近のMT車はクラッチペダルにスイッチがあり、ペダルを奥まで踏み込まないとエンジンがかからない仕組みになっている。「それならギヤをニュートラルで駐車すれば?」と思った人も多いだろうが、確かにサイドブレーキを引いたうえで、ギヤはニュートラルのままでも基本的には問題ない。パーキングブレーキ画像はこちら

 ただし停めた場所がそれなりに傾斜のついた場所で、サイドブレーキの効きが甘かったりすると、クルマの重さに負けて動き出してしまうケースがある。それを防ぐには、基本的にローギヤを入れておき、エンジンの抵抗を利用してクルマを動かないようにするのが効果的なのだ(下り坂などではバックギヤ)。

まとめ:MT車乗りは信号待ちでも気が抜けない……

 最後は信号待ちなどの短い停車時に、ギヤを入れて待つかニュートラルで待つか問題がある。すぐスタートしたいがため1速に入れてクラッチを踏んだまま待つ人も多いが、左足の疲労やクラッチのレリーズベアリングなどの負担を考慮すると、ニュートラルでクラッチペダルから足を離し、ブレーキを踏んで待つのがベターだと思われる。信号待ち画像はこちら

 0.1秒でも早く動きたいレースのスタンディングスタートならいざ知らず、街乗りならドライバーとクルマを労わるほうがよほど大切だ。

noteで書く

画像ギャラリー