クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • ワークスチーム
  • やっぱり「ニスモ」は別格! S・R・Zの3つのアルファベットが示すチューニングの誕生秘話
ワークスチーム
share:

やっぱり「ニスモ」は別格! S・R・Zの3つのアルファベットが示すチューニングの誕生秘話

投稿日:

TEXT: 酒呑童子 PHOTO: Auto Messe Web

かといってどちらかを犠牲にしているわけではない

 さて、エンジンチューニングメニューのS○/R○だが、上記のS-tune/R-tuneコンセプトに基づいていることがおわかりいただけるだろう。S-tuneコンセプトのS○シリーズはストリート主体。一方のR○シリーズはサーキット走行主体が主旨なのだ。

R-tune仕様のロゴ

 とはいえ、S○だってストリートがメインだがサーキットでも十分に楽しめる。一方のR○もサーキット主体だがストリートも普通に走れるしワインディングも楽しめるのだ。

ワインディングを走るR-tune仕様

 ただ、最近はチューニング技術(制御面)が2000年代初頭に比べて進化した。そのためS○とR○の境界が被るようになり、両立が可能になってきたのではないか? とさえ思えるようになった。もしかしたら、両者が統合され、ふたたび「サーキットからストリートまで……」という風に、1本化される日が来るのかもしれないなどと思ったりもしている。

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS