クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • サーキットでスイスポや86&BRZより速いだと!? イジれば激速化が可能な「アルトワークス&ターボRS」の魅力が圧倒的
CUSTOM
share:

サーキットでスイスポや86&BRZより速いだと!? イジれば激速化が可能な「アルトワークス&ターボRS」の魅力が圧倒的

投稿日:

TEXT: 加茂 新 PHOTO: 加茂 新/スズキ/Auto Messe Web編集部

  • 昨年末にフルモデルチェンジして現行型ではワークスは出ない見込みだが……
  • アルトターボRSもAGS以外はほぼ同じクルマ
  • アルトワークスの魅力をチューニング派が解説
  • 筑波で1分8秒台を叩き出せる
  • R06Aエンジンは簡単なチューニングで驚くほどパワーアップする
  • アルトワークスの魅力をチューニング派が解説

いまなら中古で良好なアルトワークスを選び放題!

 すでに先代モデルとなってしまったがHA36S型スズキ・アルトワークス&アルトターボRSは、まさに現代に蘇ったカットビ軽! パンチのあるターボエンジンはチューニングの伸びしろもあり、刺激は満点。それでいて高品質の中古車もいまならまだ手に入るのだから、乗ってイジらない手はない!

アルトターボRSに続いてサプライズ登場した「ワークス」

 スズキの本気がうかがえる軽スポーツといえばアルトワークスである。2014年12月にフルモデルチェンジした先代(8代目)アルトは刺激的でちょっとレトロなルックスになり、2015年3月に発売された「アルトターボRS」はターボエンジンで元気も満点だったが、2ペダルの5速AGS(オートギヤシフト)のみ設定。ゆったりとしたリズムでオートシフトしてくれるAGSは、スポーツとはちょっと遠い存在だった。その後、アルトワークスは出ないと言われ続けていたが、なんと同年の12月に出たのだ。それがHA36Sアルトワークスだ。

昨年末にフルモデルチェンジして現行型ではワークスは出ない見込みだが……

ECU書き換え&タービン交換で110psまでパワーアップ可能

 なんと言ってもその魅力はエンジン。R06Aエンジンは64ps/10.2kg-mを発揮するが、真の実力はそんなものではない。ECU書き換えチューンだけでも15ps/2kg-mくらいのアップは可能。わずか15ps/2kg-mと思えるが、分母が小さいのでそう見えるだけで、割合で言ったらパワーもトルクも20%以上のアップとなるので刺激は倍増だ。

 そして、次のステップとしてタービン交換も待ち受ける。タービンは各社からリリースされており、純正プラスアルファのサイズもあるが、パワー重視のタービンでは目安としては50ps/5kg-mアップが期待できる。64psだったクルマが110psほどまで上がってしまうのだ。この車格での100psオーバーは相当なパンチ力を誇る。

 それでいてエンジン本体は思いのほか頑丈で、全然問題なし。よほどサーキットで酷使しなければ、コンロッドが折れたり、ピストンが溶けることもそうそう起きない。

R06Aエンジンは簡単なチューニングで驚くほどパワーアップする

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS