R32スカイラインGT-Rに長く乗るための今だから見直すべき30の弱点 (1/4ページ)

R32スカイラインGT-Rに長く乗るための今だから見直すべき30の弱点

この記事をまとめると

  • R32スカイラインGT-Rは誕生から30年以上経ち、経年劣化が増えている
  • 最近では予想もしなかったトラブルが出始めているのも事実
  • 致命傷になる前に見ておきたい30項目の代表的箇所をチェックする

経年劣化が原因で思わぬ箇所にトラブルが発覚する

 誕生から30年以上が経った現在もなお多数が現役でストリートを走り、サーキットを楽しんでいる車両さえある。これは考えてみればかなりすごいことのように感じるし、GT-Rファンは30年を過ぎたことを感慨深く祝ったことだろう。

 しかし裏を返せば30年以上の月日が流れているのだ。素直に喜べない一面もある。第2世代オーナーが常々抱いている悩みと苦悩。経年劣化と純正部品の製造廃止問題である。この二つの要素について、現状では何らかの対策が講じられている。しかし、この先あとどれくらい愛車と共に過ごせるのだろうか。これはRオーナーにとって切実な悩みなのだ。

R32GT-Rの代表的な弱点30項目について考える

 とにかく愛車に致命傷を負わせない。それが最大の解決策なのだが、話はそう簡単ではない。細心の注意を払えば事故などは防ぐことができるだろう。しかし時間を止めることはできない。経年劣化でゴム類はどんどん硬くなっていくし、回転が生じるような場所はどんどん磨り減っていくのだ。ならば、致命傷となる前にトラブルを発見し、対処していくのが最善の策となるだろう

 そこで、第2世代Rの修理やメンテナンスを多数手掛けてきた、『目黒メンテナンスサービス』の目黒眞也代表に「今だからこそ、あらためて点検しておきたい30項目」について教えていただいた。

「まず最初にどのR32も30年近く経っているわけですから、何が起きても不思議ではない、と心得ておいたほうがいいと思います。どんなことでもあり得ます」と言う目黒代表。最近驚いたトラブルはブレーキホースの劣化だったそうだ。

GT-Rの専門医が体感している近年増加するトラブル

「皆さん、ブレーキのホースは永遠だと思っていませんか? 先日立て続けに起きたトラブルなのですが、純正のホースからオイル漏れが起きたのです。しかもつなぎ目うんぬんではありません。ホース自体が劣化により裂けていたのです」

 ほかにもそういった経年によるトラブルは多い。しかし今のところ、だいたいは直せると心強い言葉。その中でいくつか対策が困難な場所がある。その代表例がシートベルトであり、アテーサE‒TSだ。目黒代表も今回の30項目の一つに挙げているが、シートベルトは巻き取りができなくなるならまだいい。逆に締まったまま出なくなると、もう交換するしかなくなる。しかし中古パーツもなかなか少ないし、あっても価格は高騰している。またブレーキのマスターバックも製廃となっており、入手は困難。

 こういった部分を少しでも延命させるため、周囲のトラブルにも目を配るのが重要となる。たとえばブレーキのマスターシリンダーはオイル漏れの不具合を抱えることが多いが、放っておくとマスターバックを傷めてしまう。その前にトラブルの種を見つけ対応したい。

R32GT-Rの代表的な弱点30項目について考える

「もはやR32はすべてが正常で絶好調というのは難しい。気付いたところを少しずつ直しながら付き合っていくのがいいでしょう。われわれのようなプロに相談していただき、メンテナンスすべき優先順位を決めていけばよいと思います。一気にやろうとすると時間も予算も嵩むだけですからね」

 プロの意見を聞き、自分でもしっかりR32と向き合う。過保護にする必要はない。乗らなければ延命できるわけではなく、逆に各部の固着など、不具合の原因にもなりかねない。音、振動、臭いなど、日頃から五感をフル活用して正面からR32と向き合えば、トラブルが大きくなる前に対策を講じることができるはず。

 というわけで、あらためてR32GT-Rのウィークポイントを再認識するため、代表的なトラブルを紹介する。ぜひ今後の参考にしていただきたい。

画像ギャラリー