SUVの走りが楽しくないなんて誰がいった! 驚きのスポーティさがウリのワークスSUV3選 (2/2ページ)

ホンダ・ヴェゼル モデューロX

 対するホンダにも、いま絶賛人気のヴェゼルに、モデューロXというホンダアクセスによるコンプリートカーがある。

【関連記事】キャディラックの次世代EVが見えた! 「セレスティック」でラグジュアリー路線復権なるか!?

ホンダ・ヴェゼル モデューロX画像はこちら

 東京オートサロン2022でご覧になった人もいるはずだが、e:HEVモデルをベースに標準車では個性的なフロントグリルを専用デザイン化し、実効空力性能を高めるエアロパーツ(もちろん、ホンダの風洞実験室で開発)、専用の足まわり(ダンパーとスプリング)、ホイールまで専用開発&セッティングし、コンプリート化。結果、スタイリング同様、走りのテイストまでもが欧州プレミアムSUVに近い味付けとなっているようだ。発売は2022年夏と予想されている(現時点で詳細は不明)。ホンダ・ヴェゼル モデューロX画像はこちら

C-HR GR SPORT

 そしてトヨタにも、ヤリスなどでもおなじみのGR SPORTがある。SUVラインアップとしてはC-HR、ランドクルーザーが揃う。比較的手ごろなC-HRの場合、GR SPORT専用のエクステリアのほか、19インチタイヤ、スポーツカーを思わせる専用インテリアを採用。さらに専用のチューニングサスペンション、ホワイトのブレーキキャリパーなどが奢られている。GR C-HR画像はこちら

 ガソリンターボだけではなく、ヴェゼルのモデューロX同様にHVで乗れるところも強敵だ。なお、パワーユニットはかつてのジュークNISMOとは違い、ノーマルのままである。とはいえ、走り出した瞬間から、GR SPORTならではの走りのテイストが堪能できることは間違いない。GR C-HR画像はこちら

 なお、スバルにはSTI(スバル・テクニカ・インターナショナル)部門があり、モータースポーツの世界からフィードバックされた技術、アイテムを盛り込んモデルがある。しかし、誰でも運転しやすいカタログモデルのSTIコンプリートカーを送り出し続けているが、残念ながら、コンプリートカーとして“調律”されたクルマはWRX S4、レヴォーグ、インプレッサのみ。SUVのXVやフォレスター、レガシイアウトバックには用意されていない……。

画像ギャラリー