アウトドアの騒音問題を解決するカギは電気にあり! 静かでスマートなキャンプができるオススメBEV&PHV3選 (2/2ページ)

最有力候補はアウトランダーとRAV4

 そうしたBEVとPHV(PHEV)の違いから、キャンプ、アウトドアにお薦めの電動車の筆頭は、PHV(PHEV)ということになるだろう。それも、電動車の便利さをより実感できるAC100V/1500Wコンセント付き、かつキャンプフィールドやアウトドアに似合うSUVタイプのクルマと言えば、まずは現行モデルでPHEVのみになった三菱アウトランダー、トヨタRAV4 PHVの2台が最有力だ。

 AC100V/1500Wコンセントはアウトランダーがセンターコンソール後端下とラゲッジルームの2カ所、RAV4はラゲッジルームに1カ所。コンセントの使い勝手ではアウトランダーが上まわるかもしれない。ちなみにトヨタ・プリウスPHVにもAC100V/1500Wコンセントは付いているが、アウトドアに似合うか? と言われるとそうでもないので、ここでは割愛した。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

三菱アウトランダーPHEV画像はこちら

BEVならスバル・ソルテラが心強い存在

 100%電気で走るBEVでAC100V/1500Wコンセントが付いているクルマを探すと、これが極端に少ない。輸入車はまったくないに等しく、国産車でもバッテリー容量を抑えたホンダe、日産サクラ、三菱eKクロスEV、そしてバッテリー容量に余裕がある日産リーフでも、車内にAC100V/1500Wコンセントは用意されていないのである。では、BEVでアウトドアが似合い、AC100V/1500Wコンセントが付いていて、比較的大容量のバッテリーを積んでいるクルマはないのか? と言えば、そんなことはない。

 そう、最新BEVのスバル・ソルテラがある。4WD+Xモード、最低地上高210mmで悪路走破性はもうバッチリだし、充電は普通充電の200V(10時間~)、急速充電に対応。さらにメーカーオプションとしてソーラー充電システムも用意されているのだから心強い(現時点でソーラー充電システムはオーダーストップ)。

 兄弟車にトヨタbZ4Xがあるが、こちらはサブスクのみの販売方法となり、改造、喫煙、ペットの乗車が禁じられているから、愛犬とのキャンプやアウトドアはNGとなってしまう……。

スバル・ソルテラ画像はこちら

急速充電スポットが近いアウトドアフィールドが最適

 よって、キャンプ、アウトドアにお薦めできる国産BEV、PHV(PHEV)としては、大容量バッテリーを積み、なおかつAC100V/1500Wコンセントを備えたスバル・ソルテラ、三菱アウトランダーPHEV、トヨタRAV4 PHVの3台が有力候補となる。

 ただし、PHV(PHEV)の場合、エンジンがかかっていない状態で電気を使っているうちに、バッテリーの容量が減ってくるとエンジンがかかるので、深夜の時間帯などは、配慮する必要がある。BEVの注意点としては、近隣の充電スポットの確認、確保は欠かせない……。逆に言えば、急速充電スポットが近くにあるキャンプ場を選ぶと安心、無敵である。

トヨタRAV4 PHV画像はこちら