【中古価格高騰中】バブル末期の日産「S13シルビア」「180SX」に再注目! 一周回って今エモい2ドアクーペの魅力 (1/2ページ)

【中古価格高騰中】バブル末期の日産「S13シルビア」「180SX」に再注目! 一周回って今エモい2ドアクーペの魅力

この記事をまとめると

  • ’80年代の終わりに登場した大ヒットモデルS13シルビア
  • 百花繚乱のバブル末期にデートカーとして一世を風靡
  • 一方で走り屋御用達モデルとして現在では価格が高騰

価格高騰で簡単に手が出せなくなった「S13シルビア」を振り返る

 バブル期の1988年に登場したS13シルビア。発売から30年以上が経過したいま、あらためてスタイリングを眺めてみると、秀逸なデザインであったことがひと目で確認できる。現在は中古車市場で価格が高騰しているようだ。薄いフロントマスク、美しいキャビン(後席の広さは軽自動車以下だが)、独立したトランクルーム(こちらも狭い)など、2ドアのスポーツクーペとして完成されたデザインと引き換えにユーティリティ性などの使い勝手は悪かったが、それ故に当時の若者を魅了してきたとも言える。

S13シルビアはデートカーなのか本気仕様の走り屋カーなのか!?

 当時はデートカー(スペシャリティカー)というジャンルが売れ筋であり、オトコたちはみな肉食系であり、とりわけ若者にとってはデートカーが必須という時代であった。デートカーの定義は、筆者の個人的な見解になってしまうが、北米のセクレタリーカー(若い女性の通勤用のおしゃれなクルマ)の日本版なのではないかと認識している。例えば元祖デートカーのトヨタ・セリカやホンダ・プレリュードがあり、ひとクラス上にはトヨタ・ソアラや日産レパードといったハイソカー(ハイソサエティカー)がある。

 ただし、S13シルビアは普通にデートカーとして分類しても良いのか? という見方もできる。それは走りを楽しむことができる後輪駆動車であったことが大きい。実際に4速AT車よりも圧倒的に5速MT車が多く、NAのQ’sよりもターボのK’sがクルマ好きの間では所有率が高かった。ちなみにパワーウインドウすら付いていない廉価版のJ’sというグレードもあった。

【関連記事】1000万円以下で泥沼フェラーリ生活!? 素人が手を出してはいけない4座フェラーリ「365GT4 2+2」とは

S13シルビアQ's画像はこちら

80年代後期に登場したとは思えないスタイリッシュさが魅力

 S13シルビアの魅力をあらためて振り返ると、まず着目したいのがプロジェクター式のヘッドライトだ。現在ではLED式のヘッドライトが当たり前だが、当時のハロゲンライトのリフレクター式からプロジェクター式に進化したのは衝撃だった。クルマのヘッドライトは人間の顔に喩えることができるが、プロジェクター式とすることで、人間の目のような分かりやすい表情が好印象であった。

 それはフロントグリルも同じで、薄い目に合わせたように開口部がないクリスタルグリルと名付けられた左右のヘッドライトを結ぶプレートが備わり、冷却用の開口部はバンパーグリルのみであった(サーキット派は開口のあるフィンタイプのグリルに換装していた)。いうならば小顔であり、当時の言葉では“しょうゆ顔”とも言える。まだまだ角張ったデザインのクルマが多かった’80年代に、このスタイリッシュさで登場したのはエポックメイキングだった。

 それはサイドから眺めたシルエットも同様で、エレガントストリームラインと称されたフードとウエストライン、そしてトランクへと続く形状は、S字の弧を描いており非常に滑らか。グラマラスフェンダーという豊かな曲面とカプセルウインドウという3次曲面ガラスは、先代の直線基調から一転してすべてに丸みを感じさせるものであった。もちろん先代同様に端正な部分も残されていて、そのバランスの良さが万人受けするデザインとして評価され、どこから見ても美しいデートカーとしての基準を満たしていた。

 もちろんインテリアも洗練されていた。3本スポークのステアリング(エアバッグはまだない)にスッキリとしたデザインで視認性の高いインパネ。モダンフォルムと名づけられたヘッドレスト一体型の前席シートは座面が長いタイプで、小柄な人には辛いだろうが、当時、伸び続けていた日本人の平均身長に合わせて、膝の裏側までしっかりサポートしてくれた。

 サラウンドインテリアと名付けられたコクピットも特徴的。インパネとセンターコンソールは一体成型となっており、ドアトリムと相まって包み込むような形状が、硬派な走りから女性とのデートでもそつなく使いこなせる懐の深さもあった。

画像ギャラリー