クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • サーキットを走るなら「200万円以下の4WD」がオススメ! 「ランエボ」「インプレッサ」と並ぶ狙い目の軽カーとは
CLASSIC
share:

サーキットを走るなら「200万円以下の4WD」がオススメ! 「ランエボ」「インプレッサ」と並ぶ狙い目の軽カーとは

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭 PHOTO: Auto Messe Web

チューニングするなら4WDが狙い目「スズキ・アルトワークス」

 ラストは軽自動車からスズキ・アルトワークス(HA36型)を。サーキットでは軽量なFFばかりが注目されており、確かに50kgの差は小さくないかもしれない。とはいえブーストアップやタービン交換が盛んな車種ながら、ランサーやインプレッサほど高度な電子制御システムを持たないため、パワーを上げれば上げるほどにじゃじゃ馬な性格が強くなる。とくにウエット路面ではせっかくのパワーを活かし切れず、楽しさより怖さや踏めないストレスを感じるケースも。

アルトワークスの走り

 そこで狙い目なのが4WDモデルだ。ECUやタービンといったパワー系のパーツは2WDと変わらず選び放題といった状況で、車高調も多くのメーカーやプロショップから4WD専用のアイテムがリリースされている。現行アルトにスポーツグレードがないこともあり、高年式は新車を超える価格も珍しくないが、初期型ならば100~120万円がボリュームゾーン。足まわりやロールケージなどサーキットを走る装備どころか、200万円の予算ならタービン交換とECU書き換えで100ps仕様が狙えるかもしれない。

※ ※ ※

 スポーツモデルは総じて価格高騰気味だが、今主流の4WDスポーツも探せば200万円以下の中古車が見つかる。ぜひ手に入れて、サーキット走行を楽しんでみてほしい。

1 2
  • ランエボXのサーキット走行
  • アルトワークスの走り
すべて表示
  • 佐藤 圭
  • 佐藤 圭
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS