クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 丸目2灯のフェラーリ「デイトナ」があった! 世界に3台のみのプロトタイプは3億3000万円オーバーで落札
CLASSIC
share:

丸目2灯のフェラーリ「デイトナ」があった! 世界に3台のみのプロトタイプは3億3000万円オーバーで落札

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: Courtesy of RM Sotheby's

顔が違う! フェラーリ・デイトナの試作車とは?

 2022年のモントレー・カーウィークの期間中には、おなじみ「RMサザビーズ」やペブルビーチ・コンクール・デレガンス公式の「グッディング&カンパニー」、クエイルロッジの「ボナムズ」、アメリカ車を得意とする「ミカム」など、おびただしい数のオークションが開催された。

 今回は、今年あらゆるオークションに出品されたクルマ、あるいはモントレー・カーウィークに登場したクルマの中でも最も話題を呼んだかもしれない1台、RMサザビーズ「Monterey」に出品されたフェラーリ・デイトナのプロトティーポ(試作車)と、注目のオークション結果についてお話ししたい。

275GTBをベースとしたデザインスタディ

 フェラーリ「365GTB/4デイトナ」は、間違いなくマラネッロで最も有名なモデルのひとつであり、その誕生秘話はこれまでにもたびたび語られてきた。専門家や歴史家の間では、フェラーリの資金不足でミッドシップ12気筒モデルの開発が進まず、長らく続いた「コロンボ系スモールブロックV型12気筒エンジンをフロントに搭載するレイアウトでお茶を濁した」、あるいは「その場しのぎ」のモデルだったと語られることも多い。

 しかしピニンファリーナのデザイン、スカリエッティのコーチワークによる、後にも先にもないユニークなデザインのボディの魅力が一因となり、フェラーリのロードカーの中で最も人気のあるモデルのひとつとなったことは、マラネッロ本社の控えめな自己評価を裏切る、まさに偶然の産物であったともいえよう。

「デイトナ」という名称は、決して市販モデルの正式な名称ではなく、マスコミにリークされたエンツォ・フェラーリが憤慨して、いったんは取り消したという説もある。しかし、シャシーナンバー#11001のデイトナ・プロトタイプは、「デイトナ」がオリジナルのファクトリーネームであるという説に信憑性を与えるだけでなく、レオナルド・フィオラヴァンティの名高いデザインの進化過程を知る上でも、きわめて魅力的な存在となっている。

 1968年10月、パリ・サロンにて世界初公開されたデイトナは、シャシーナンバー「#11929」の市販モデルである。しかしその前に3台のプロトタイプが存在し、同時代の生産モデル「275GTB/4」をベースに製作されたことが判明している。

 今回ご紹介するシャシーナンバー#11001は、そのうちの2台目のプロトタイプ。フェラーリ研究の世界的権威、マルセル・マッジーニ氏によれば、フェラーリ「330P4/412P」がデイトナ24時間レースで1-2-3フィニッシュを果たした1年後、1968年1月に製作されたとのこと。基本的な成り立ちは、275GTB/4のシャシーに、275GTB/4用の3.3L 4カム「ティーポ226」エンジンを搭載し、次期V12ベルリネッタのコーチワークを模索するデザインスタディとして製作されたものである。

 エクステリアは、275のデザインアイコンと量産型365の将来的なデザインキューを巧みに組み合わせたもので、標準のデイトナよりも低いルーフラインと長いノーズを持つ。リヤエンドはデイトナの最終デザインとほぼ同じで、スクエアな形状のファストバックに4灯テールランプを備えているが、他方フロントエンドは275にしっかりと根ざしており、クラシックな楕円形の格子グリルやカバー付きの丸型2灯ヘッドランプを備えている。

 インテリアも、インストルメントパネルは次期デイトナを意識したものながら、センターコンソールはフラットな面にトグルスイッチが並ぶだけという、275GTB/4と365GTB/4の中間的な構成になっている。さらに、ウッドステアリングは無孔の3本スポークだが、シートにはヘッドレストが与えられていないなど、ここでも両モデルの中間的なデザインが見受けられる。

 このデイトナ・プロトタイプは、「アルジェント・メタリッツァート(シルバーメタリック)」塗装と「ネロ(黒)」の本革インテリアで仕上げられ、そのカラーコーディネートは現在も受け継がれている。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS