クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 【日本に1台のみ】フォード「F-150ラプター」が6輪になった! 「ヘネシーパフォーマンス」が手がけたモンスターとは
CUSTOM
share:

【日本に1台のみ】フォード「F-150ラプター」が6輪になった! 「ヘネシーパフォーマンス」が手がけたモンスターとは

投稿日:

TEXT: 青木邦敏 PHOTO: 青木邦敏

  • トランスミッションは10速仕様だ

フォード「F-150ラプター」が6輪になった

 6輪仕様のピックアップトラックといえば、メルセデス・ベンツ「G63 AMG 6×6」が、日本に正規で導入されたことを覚えている人もいるだろう。しかし、今回紹介するのは、フォード「F-150ラプター」をベースとした6輪モデルだ。手掛けたのはアメリカのチューニングメーカー「ヘネシーパフォーマンス」。究極のモンスターオフロードマシンを目指して製作され、世界限定50台、車両価格は4200万円オーバーの特別仕様モデルだ。

全長は7メートル近くに迫る巨体

 過激な改造が施された、特別すぎるクルマであることは一目瞭然だ。この6×6のフォードF-150ラプターの正式名称は「ヘネシー ヴェロキラプター6×6」。オーナーは、唯一無二の特別なクルマを探しているなかで、たまたま縁あって購入したという。購入後は、レジャー用ビークルとして普段はトレーラーを繋げて船を引っ張っているそうだ。

 そこで、ちょっと想像してみてもらいたい。ヘネシー ヴェロキラプター6×6の全長は、すでに7mに迫る長さだ。これにボートトレーラーを連結させたら、果たしてどれほどの長さになるか……。豪快かつ優雅な使い方といえるだろう。

 一緒に写っている大型犬のグレート・ピレニーズがまるで子犬のように見えることからも、その大きさが伝わるだろう。

 ヘネシーパフォーマンスがこのクルマを製作するにあたって掲げたコンセプトは、巨大で速い究極のモンスターオフローダーだった。そのため、お飾りの6輪仕様ではなく、ちゃんと6WDとして悪路においてもひるまない走破性を発揮できるように作り込まれている。

 全長が長いことでオーバーハングの問題が発生するものの、リヤサスペンションは各タイヤに2本のショックアブソーバーをセットし、デュアルロック・リヤアクスルも装備。8インチリフトアップさせたことで、道なき道の突破力も高められている。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS