クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • プロレーサーになる年齢制限はあるの? 「86/BRZワンメイクレース」元王者・佐々木雅弘選手に聞く「非エリート系」レーサーの道
SPORT
share:

プロレーサーになる年齢制限はあるの? 「86/BRZワンメイクレース」元王者・佐々木雅弘選手に聞く「非エリート系」レーサーの道

投稿日:

TEXT: 加茂 新(KAMO Arata)  PHOTO: 加茂 新/トヨタ自動車/AMW編集部

幼少期からカートをやってなくてもプロになる道はある

 レーシングドライバーと言えば、幼少のみぎりからレーシングカートに乗り始め、徐々に大きな乗り物になっていくのが現在の王道ストーリー。しかし、そうではないレーサーも存在する。そう、それがドリキンこと土屋圭市であり、谷口信輝であり、今回の主人公である佐々木雅弘なのだ!

片山右京、ドリキン、谷口信輝……偉大な先達は多い

 現代のフォーミュラで戦うレーサーは、ほぼ100%カートあがり。幼少期からレーシングカートに乗り、そこからF4やFJなどにステップアップし、F3を経て、F1やスーパーフォーミュラに乗るドライバーがほとんどだ。免許を取ってから運転し始めたのでは、なかなか厳しいものがある。近年でカートを経験せずにF1に乗ったドライバーはロシア人のヴィタリー・ペトロフだけだったハズ。

 しかし、18歳で運転免許を取得してからレーサーになった人もじつは多い! F1は厳しいかもしれないが、まだまだ諦めたものではない。実際、結構前のことになるが、片山右京さんは普通免許取得後にレースを始めてF1まで乗っている。

 ご存知「ドリキン」こと土屋圭市さんは、峠で腕を磨き、そこからワンメイクレースなどを経てレーサーになった。谷口信輝選手もBMXからポケバイでの経験を経て、ドリフトコンテストで活躍し、そこからレーサーへ。本格的にレースを始めたのは28歳だった。

 先日なくなられたアントニオ猪木さんも「人は挑戦を諦めた時に老いていく」と説いていたとおり、いまからでも間に合うのだ。

メカニックとして働きながらレーサーになった佐々木雅弘選手

 TOYOTA GAZOO Racingでニュル24時間に参戦するなど国内外のレースで活躍しながら、「GR86」の車両開発を務めた佐々木雅弘選手(47歳)も、非カート系レーシングドライバーのひとり。どのようにレーシングドライバーになったのかを伺ってみた。

 学生時代からバイクに乗り、地元・盛岡の峠を走っていたという佐々木選手。高校卒業後は自動車整備学校に進学し、卒業後は三菱のディーラーにメカニックとして就職する。そこでランエボを購入して、業務後にせっせとチューニングやセッティングに励み、スポーツランドSUGOの草レースに参戦したのがレースデビューで、21歳のときだった。

 そこからシビック・ワンメイクレース東北シリーズに参戦。このときで26~27歳。アルテッツァ・ワンメイクレースでチャンピオンに輝いたときは30歳だった。その後、スーパー耐久、スーパーGTなどビッグレースに参戦していく。遅咲きのレーサーである。

12

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS