ホンダ「シビック命」のオーナーを直撃! 「44年間所有」に「免許取得前に購入」筋金入りのシビック愛を語ってもらいました (1/2ページ)

ホンダ「シビック命」のオーナーを直撃! 「44年間所有」に「免許取得前に購入」筋金入りのシビック愛を語ってもらいました

筋金入りのシビックオーナーを取材

 2022年9月18日に、長野県佐久市にある「130 COLLECTION」で開催された「シビック生誕50周年イベント」。会場では初代シビック(SB-1)が20台と、歴代モデルも展示された。今回は、44年間シビックRSに乗り続けている田玉さんと、高校生のときにグランドシビックに興味を持った三門さんを紹介します。

シビックRSひと筋の田玉さん

 ツインキャブ装着のシビック1200RSに44年間乗り続けているのが田玉周一さんだ。長野県の中古車店に60万円で出ていた1975年式のRSを買い、コツコツと修理し、いじり倒したという。

「エンジンからサスペンションまで、すべてやりましたね。30年前に無限のNS1エンジンに載せ替えています。最近も車高調サスペンションを入れ、ブッシュやベアリングも新品に替えました。最大5台持っていたんですよ。そのうちの1台をエンドレスさんに譲りました。シビックRSは軽いから今のクルマと張り合えるんです」 

【関連記事】日産「シルビア」に1120台だけのカブリオレがあった! メタルルーフを採用した「ヴァリエッタ」とは

ホンダシビック生誕50周年イベントで見かけたオーナーを取材画像はこちら

 と、シビックRSの素性のよさを絶賛する。クラブのツーリングイベントに皆勤賞なのも自慢のひとつだそうだ。次はキャブレターをオーバーホールし、FCRキャブの装着まで考えているというから、次に会うときにはさらに進化したシビックに会えるかもしれない。