クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「ディーノ」はフェラーリにあらず!? フィアットやリトラクタブルライトもあった「ディーノの系譜」とは
CLASSIC
share:

「ディーノ」はフェラーリにあらず!? フィアットやリトラクタブルライトもあった「ディーノの系譜」とは

投稿日:

TEXT: 原田 了(HARADA Ryo)  PHOTO: 原田 了

フェラーリ初のV6エンジンを搭載

 フェラーリといえばV12エンジンを搭載したスーパースポーツカーを思い浮かべる人も多いと思いますが、V6エンジンをリアミッドシップに搭載した魅力的なスポーツカーも存在しています。今回は、フェラーリ社の製品でありながらフェラーリを名乗らなかったスポーツカー、「ディーノ206GT」ファミリーを振り返ります。

12気筒以外のストラダーレはフェラーリにあらず

 アルファ ロメオでレーシングドライバーとして働いたキャリアを持つエンツォ・フェラーリは、まだ戦前だった1929年にレーシングチームのスクーデリア・フェラーリ (Società Anonima Scuderia Ferrari)を創設。これが現在の自動車メーカー、フェラーリの母体となりました。

 当初は、エンツォの“古巣”であるアルファ ロメオのディーラーチームを運営していましたが、アルファ ロメオがワークス活動を休止するにあたって、マシンを借り受けてサテライトチーム(セミ・ワークスチーム)を運営するようになります。

 そして第二次世界大戦などさまざまな紆余曲折を経て、1947年に現在のフェラーリが誕生。ただし当時はスポーツカーメーカーではなく、レーシングカーのコンストラクターでした。そしてニューマシンの開発などレース活動に必要な資金を稼ぐためにロードカーも製作するようになるのです。

 当初は、レースで活躍した“旧型”モデルをベースに、ロードカーに仕立て直したGTカーを市販していましたが、やがてレーシングカーを仕立て直したコンバージョンモデルだけでなく、1954年のパリサロン(現モンディアル・ド・ロトモビル=パリモーターショー)で発表された250エウロパ(Europa=ヨーロッパ)GTのように当初からロードカーとして設計開発されたモデルも誕生し、ラインアップも充実していきました。

将来的を見据えて開発をしたV6エンジン

 そんなロードカーはすべて、アウレリア・ランプレディが設計した、通称“ランプレディ・ユニット”を筆頭にV型12気筒エンジンを搭載。エンツォも「12気筒以外のストラダーレ(ロードカー)はフェラーリとは呼ばない」と公言していた、と伝えられていました。

 しかしエンツォの長男で、フェラーリに入社後はエンジン開発を手掛けていたアルフレード・フェラーリは、将来的にはもっと小型の自動車も生産することが必要になる、との想いからV6エンジンの開発に取り組むようになります。

 残念ながら筋ジストロフィーにより、その完成を見ることなく24歳で夭逝してしまいましたが、共同で開発を進めてきたヴィットリオ・ヤーノが開発を続けて完成し、“ディーノ・エンジン”の愛称で呼ばれることになりました。

 この“ディーノ・エンジン”はまず、1957年にF2のフェラーリ156に搭載され、さらに翌1958年にはエンジン排気量を2.4Lに拡大して246F1、シーズン終盤にはF1GPのエンジン規定一杯の2.5Lに拡大した256F1が登場しています。

 この時点ではロードカーとは全く関係のないエンジンだったのですが、1960年代後半になると“ディーノ・エンジン”を搭載するロードカーが生まれる事情が生じてきました。それはFIAがF2の車両規則を変更し、1967年からF2で使用できるエンジンは市販車ベースの1.6Lまで、としたのです。

 “ディーノ・エンジン”は市販車ベースではなく純レーシング・エンジンだったので、このままではF2レースで使用できなくなってしまいます。そこでフェラーリは急遽、“ディーノ・エンジン”を搭載したロードカーを生産することになったのです。

 もちろんフェラーリのみでは「連続する12カ月間に500台以上生産された市販車」の条文に適合するロードカーなどは無理な話です。そこでフェラーリは、当時から提携のあったフィアットと共同でロードカーを生産することになりました。

 具体的にはフェラーリで設計したエンジンをフィアットで生産し、それを搭載したロードモデルを、フェラーリ、フィアットの両社がそれぞれに開発してリリースするというものでした。フィアットでは1966年のトリノショーでフィアット・ディーノ・スパイダーを発表し、さらにその4カ月後にはフィアット・ディーノ・クーペが誕生しています。

 一方、フェラーリは少し遅れて1967年の10月にディーノ206GTをリリースしています。そうです。これが今回の主人公、フェラーリを名乗らずエンツォの息子でエンジン開発に携わったアルフレードの愛称“ディーノ”を名乗るスポーツカーでした。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS