クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 米国で「車中泊」あらため「フリーキャンプ」に挑戦! キャンプ場以外での車中泊はリスクと背中合わせです──米国放浪バンライフ:Vol.10
OUTDOOR
share:

米国で「車中泊」あらため「フリーキャンプ」に挑戦! キャンプ場以外での車中泊はリスクと背中合わせです──米国放浪バンライフ:Vol.10

投稿日:

TEXT: 牧野森太郎 PHOTO: 牧野森太郎

  • ロサンゼルスを出発してからサンフランシスコまでの大まかな道のり

アメリカを気ままに放浪3カ月:20日目

 これまで2度にわたりアメリカを放浪してきた筆者。還暦を過ぎた2022年4月から7月にかけて、人生3度目のアメリカひとり旅にチャレンジしてきた。相棒は、1991年式トヨタ「ハイラックス」をベースにしたキャンピングカー「ドルフィン」。愛称は「ドル」。ロサンゼルスからセコイア&キングスキャニオン国立公園を経由して、サンフランシスコまでやって来ました。

寝床は3カ所、1人旅にはオーバースペック?

 ぼくのキャンパーの寝室について説明しておこう。メインベッドルームは運転席の上のハングオーバー。クイーンサイズくらいの広さがある。ひとりだから、もちろん十分なスペースだ。ベッドには、時計、ペットボトルの水、ヘッドライト、本、眼鏡、寝巻きなどが乱雑に散らかっている。

 今回、工夫したのは薄手の寝袋を2セットと毛布を1枚用意したこと。普段は毛布にくるまり寝袋に入るが、一番寒い夜は寝袋を二重にした。暑いときや昼寝のときは毛布だけで十分だ。アメリカの旅はいろいろな気候を経験する。この作戦は正解だった。

 メインベッドのほかに、サイドソファの背もたれを1回転させて簡単にベッドをセットすることができる。また、テーブルを片づける定番の方法でもうひとつベッドを作れる。つまり、3ベッド仕様というわけだ。2、3人で旅行をするならともかく、ひとつあればいいだろうと思うだろうが……。

5月19日 サンフランシスコ

 さて、サンフランシスコでベン(2008年の放浪を手伝ってくれたフィリピン系アメリカ人)とは会うには会ったが、ディナーを一緒に食べて1泊させてもらうはずが、ランチを食べて夕方、別れることになってしまった。家をリノベーション中だそうで、彼女が難色を示したようだった。あるいは、「泊めてもらうのは悪いよ。このクルマはもう家みたいなもんだから」などと、心にもない遠慮を真に受けられてしまったのかもしれない。

 結局、その日の夜はショッピングセンターの駐車場で泊まることになった。しかし、これはある意味、幸いだった。気になっていた「フリーキャンプ」を試すいいチャンスになったからだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS