クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 美しく静かなキャンプ場が天国から地獄へ! 西部劇のロケ地になった街並みを堪能した週末──米国放浪バンライフ:Vol.06
OUTDOOR
share:

美しく静かなキャンプ場が天国から地獄へ! 西部劇のロケ地になった街並みを堪能した週末──米国放浪バンライフ:Vol.06

投稿日:

TEXT: 牧野森太郎 PHOTO: 牧野森太郎

  • ロサンゼルスから北に200km少々の位置にあるケーンビル(Kernville)の町

アメリカを気ままに放浪3カ月:14日目~15日目

 これまで2度にわたりアメリカを放浪してきた筆者。還暦を過ぎた2022年4月から7月にかけて、人生3度目のアメリカひとり旅にチャレンジしてきた。相棒は、1991年式トヨタ「ハイラックス」をベースにしたキャンピングカー「ドルフィン」。愛称は「ドル」。LAから北に向かい、ケーンビル(Kernville)という古い町にやって来ました。

5月13~14日 緑ゆたかなケーンビルの町へ

 ケーンビルの町に入った途端、「お、これは!」と目を見張った。どこか懐かしく落ち着いた町並みだ。しかも、町の中心をきれいな川が流れている。リバーサイドが新緑ゆたかな公園になっていて、見るからに気持ちがいい。さっそく、クルマを駐車して散策してみる。

 午前10時、公園には犬の散歩をしている人、早いランチを食べている人、テントを張って家族でのんびりしている人などさまざま。そのなかに、川で釣りをしている人も何人かいる。そういえば、オーハイで仲良くなった老作家・ジェイが「あの辺りには、いいトラウト(鱒)が棲んでいる」と言っていたっけ。

 公園のすぐ脇には観光客用の品のいいモーテルが建っている。どこか伊豆の高級旅館を連想させる雰囲気だ。ケーンビルはセコイア・ナショナルフォレスト(国有林)の入り口の町だ。ここを起点に釣りやハイキング、ラフティング、サイクリング、ハンティングなどで休日を楽しむ人が集まるのだろう。

 ふと、対岸を見ると、緑の合間にモーターホームが何台か見える。どうやら、キャンプ場があるらしい。きっと、プライベートなのだろう。公立キャンプ場の検索サイトには載っていなかったはずだ。ケーンビルの町を散策したら、ナショナルフォレストに入ってキャンプ場を探すつもりだったが、予定を変えてこの町に泊まることにした。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS