LAを出た途端にトヨタ「ハイラックス」がオーバーヒート!? 広大なアメリカは急坂も多いんです──米国放浪バンライフ:Vol.02 (1/2ページ)

LAを出た途端にトヨタ「ハイラックス」がオーバーヒート!? 広大なアメリカは急坂も多いんです──米国放浪バンライフ:Vol.02

アメリカを気ままに放浪3カ月:初日~2日目

 これまで2度にわたりアメリカを放浪してきた筆者。還暦を過ぎた2022年4月から7月にかけて、人生3度目のアメリカひとり旅にチャレンジしてきた。相棒は、1991年式トヨタ「ハイラックス」をベースにしたキャンピングカー「ドルフィン」。愛称は「ドル」。3カ月にわたる旅路をリアルにリポートする2回目では、いよいよLAに上陸してキャンパーで放浪の旅の第一歩を走り出すのだ。

4月30日 ロサンゼルスで「ドル」と対面

 2022年4月29日、たっぷりの旅行道具を携えてLA空港に到着した。なにしろ、最長3カ月の旅を予定している。あれやこれやを想定すると荷物も多くなる。しかし、なぜ航空チケットがひときわ高いゴールデンウィーク初日に出発することになったかといえば、最初の1週間だけ、ぼくの妻が同行することになったから。今年は祭日の並びがよく、1日だけ休めば(5月1日はメーデー)9連休になるというサラリーマンの理論が幅をきかせることとなった。

 翌日、いよいよキャンピングカー、トヨタ「ドルフィン」とのご対面である。さんざんお世話になりっぱなしのAKIRA隊長&MAYUMIさんご夫妻と一緒に、オレンジカウンティにあるMAKOTOさんのお店「Road & Sky」へと向かった。

 初対面の「ドル」(車名からシンプルに命名)は、ややはにかんだ様子でぼくたちを待っていた。30年前のクルマだけにボディはかなりヤレているが、個人的にはけっこう好み。クラシックなスタイルで旅をしたい身としては望むところだ。

いよいよ出発! まずはパームスプリングスへ

 挨拶も早々に、MAKOTOさんからキャンパーの使用法について説明を聞く。本格的なモーターホームを所有するのは初めてなので、電気、水、プロパンガスなどの切り替えや補充についてはとくに詳しく説明してもらった。

 クルマ自体の状態も重要だ。Road & Skyに入庫してから約1カ月。スモッグチェック、タイヤ交換、効かなかったエアコンなどを整備してもらったおかげで、ほぼ完璧な状態で乗り出すことができる。その後、最低限の工具や足りなかったフックアップ用のホースなどの買い物につき合ってもらい、Road & Skyを出発したときには、すでに17時半を回っていた。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

トヨタ「ハイラックス」のキャンピングカー「ドルフィン」でアメリカ旅画像はこちら

 最初の目的地はロサンゼルスから東へ100マイル(約160km)ほどのパームスプリングスとジョシュアツリー国立公園だ。快調に時速60マイル(約96km/h)でフリーウェイを走行する。期待以上に調子がよく、ドライブが楽しい。MAKOTOさんが「エアコンもガンガン効きますよ」と言うとおり室内も快適だ。ただ、キャンパーが重いため、少しでもクイックにハンドルを操作するとフラッと揺れるが、そのクセもしばらくするとつかめるようになった。