クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • キャンピングカーでバンライフを送る74歳の作家に遭遇! 「パタゴニア」本社にも訪問──米国放浪バンライフ:Vol.04
OUTDOOR
share:

キャンピングカーでバンライフを送る74歳の作家に遭遇! 「パタゴニア」本社にも訪問──米国放浪バンライフ:Vol.04

投稿日:

TEXT: 牧野森太郎 PHOTO: 牧野森太郎

アメリカを気ままに放浪3カ月:9日目~11日目

 これまで2度にわたりアメリカを放浪してきた筆者。還暦を過ぎた2022年4月から7月にかけて、人生3度目のアメリカひとり旅にチャレンジしてきた。相棒は、1991年式トヨタ「ハイラックス」をベースにしたキャンピングカー「ドルフィン」。愛称は「ドル」。一度LAに出戻って、仕切り直しの再スタート。今度は北西へ向かいます。

5月8日 LAから北西のレイク・カシータスへ

 5月7日、ロサンゼルスから妻が日本に帰り、いよいよぼくとキャンパーの「ドル」はふたりきりになった。これからが旅の本番である。坂道でのオーバーヒート問題が解決したわけではないが、ある意味、エンジンの調子がいいことは確認できた。どうやってドルとの旅を続けていくか、手探りでスタイルを見つけていくことになる。

 最初の目的地に選んだのは、ヴェンチュラの郊外、ロス・パドレス・ナショナルフォレスト内にあるレイク・カシータスのキャンプ場。距離も手頃だし、AKIRA隊長から近くにあるオーハイという町が面白いとアドバイスをいただいた。

 フリーウェイ101をヴェンチュラで下りたついでに、町をひと流しする。ここに「パタゴニア」の本社があると聞いていたからだ。寄ってみると、驚くほどこぢんまりとした本社ビルに小さなショップが併設されている。店員さんと話をしてみると、創業当時、本社だった小さな倉庫が裏に残っているという。特別に入れてもらうと、そこには1970年代の自由な空気が流れていた。こんなリベラルな雰囲気がブランドを支えているのだ。

ゆったりとした文化が流れる町、オーハイ

 レイク・カシータスに到着してみると、期待以上にきれいなキャンプ場だった。緑豊かな広大な敷地に200以上のサイトが機能的にレイアウトされている。夕暮れの斜光に浮かぶキャンプグラウンドは、旅の初日に相応しい美しさだ。

 翌日は、オーハイの町を散策した。オーハイとは、ネイティブの言葉で「月」を意味するという。スノッブでスピリチュアルなライフスタイルを好む人たちが集まる独特な雰囲気の町である。町を歩いてすぐに気がつくのが、チェーン店がまったくないこと。地元経営のレストラン、ファッション、アンティークショップなどが軒を連ねている。

 オーハイのアイコン的なショップが、「バーツ・ブックストア」だ。道路に向かって本を並べているのにも驚いたが、敷地内もオープンエアになっていて、まるでピクニックエリアで本を選ぶようなレイアウトになっている。もちろん、品ぞろえもユニーク。しばし、ハイな時間を過ごすことができた。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS