クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • トヨタ「ハイラックス」のキャンパーで峠越えに成功!セコイア国立公園の巨木に囲まれて気持ちをリフレッシュ──米国放浪バンライフ:Vol.07
OUTDOOR
share:

トヨタ「ハイラックス」のキャンパーで峠越えに成功!セコイア国立公園の巨木に囲まれて気持ちをリフレッシュ──米国放浪バンライフ:Vol.07

投稿日:

TEXT: 牧野森太郎 PHOTO: 牧野森太郎

  • ロサンゼルスから北へ向かい、ケーンビルからセコイア国立公園へ

アメリカを気ままに放浪3カ月:16日目

 これまで2度にわたりアメリカを放浪してきた筆者。還暦を過ぎた2022年4月から7月にかけて、人生3度目のアメリカひとり旅にチャレンジしてきた。相棒は、1991年式トヨタ「ハイラックス」をベースにしたキャンピングカー「ドルフィン」。愛称は「ドル」。LAから北に向かい、巨大樹が有名な人気スポット、セコイア国立公園にやって来ました。

レンタルWi-Fiルーターは期待外れに終わる

 今回の旅で苦労したもののひとつにWi-Fiがある。時代が変わり、インターネットでキャンプ場を予約・決済する仕組みが主流になっているのだ。出発前はスマホのSIMカードを入れ替えてアメリカの電話番号を取得、iPhoneとMacBookを同期させてインターネットアクセスを実現することを考えていた。

 ところが、BEST BUYなどの電気店でSIMカードは売っているものの、それをアクティバイズ(使えるようにする)したりパソコンと同期させるのは自分の仕事。日本のように店員さんが親切に面倒をみてくれたりはしない。

 最新機器の取り回しにからきし弱いため、不安になっていると、「Wi-Fiルーターのレンタルはどう?」と、AKIRA隊長から進言があった。日本へ里帰りしていた際、LAで借りたWi-Fiルーターがばっちり機能したというのだ。さっそく、そのショップに連れていってもらうと、日本人のスタッフが親切に説明してくれた。こういう需要がけっこうあるのだろう。

「最長3カ月の旅行を考えているんですが」と話すと、「ルーターを買ってしまったほうがお得です」と勧められた。ヨーロッパやほかの国でも、先々、使えるというのだ。これにはグラっときた。結局、ルーターの購入代金100ドル、月々20GBのWi-Fiデータ使用料25ドル、計175ドルの契約となった。

 ところが、このルーターが電波を受信したのは、パームスプリングス、LA、オーハイまで。それから先は一切、使いものにならなくなってしまった。事情を説明して解約を申し込むと、1カ月分のWi-Fi使用料25ドル以外を返金してくれることになった。念のため使用状況を調べてみると、最初の12日間で、契約の20GBを使い切っていたという。そんなに使ったつもりはないのだが、くわしい人に聞くと、インターネットに接続していなくても、電波を探しているだけで「使った」ことになるのだという。なんとも納得のいかない結末となった。

5月15日 セコイア&キングスキャニオン国立公園へ

 ケーンビルのキャンプ場を早朝に出て15分もしないうちに、ぼくとキャンピングカーの「ドル」には意外な展開が待っていた。なんと、急勾配、上り坂の連続である。地図を見ただけでは分からなかったが、恐ろしい山越えだった。朝一から時速30マイル(約48km/h)でのノロノロ走行だ。早朝で交通量が少ないのか、もともとクルマが通らない道なのか、たった1台での挑戦が続く。

 そして、1時間後、ようやく峠に到達したときには、標高約2000メートル、あたりはすっかり針葉樹林帯になっていた。外気はひんやりと寒い。まったく、予期せぬ試練だったが、これが自信になった。涼しい環境なら、かなりの坂でも水温が上がらずに登れることが分かったからだ。スピードは出ないが、そういうものと割り切ることにした。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS