クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • バブル時代に日本で「アーマーゲー」と呼ばれていたヤングタイマーAMGが高騰中! ナローな「560 SEC AMG 6.0」は1670万円
CLASSIC
share:

バブル時代に日本で「アーマーゲー」と呼ばれていたヤングタイマーAMGが高騰中! ナローな「560 SEC AMG 6.0」は1670万円

投稿日:

TEXT: 塩見 誠(SHIOMI Makoto)  PHOTO: Courtesy of RM Sotheby's

「Sクラス」をクーペとした至高の「560SEC」

 1979年に登場したメルセデス・ベンツのW126型「Sクラス」は、当時のハイクラスな人々から絶大な支持を受けていた。ボディタイプも豊富で、標準ホイールベースの「SE」に加えてロングホイールベースの「SEL」があり、このSELにV型8気筒5.6Lエンジンを搭載した「560SEL」は、バブル期の都内でもよく見かけたクルマだった。

 1981年には、このW126型をクーペボディとしたC126型が登場する。今回ドイツ・ミュンヘンで開催されたRMサザビーズオークションに出品されたのは、1990年モデルのメルセデス・ベンツ「560SEC」であるのだが、ただの560SECではない。

AMGでエンジンをチューニング

 このクルマは、1990年5月に製造されたのち、AMGでエンジンの換装やボディカラーの変更などを受けたもので、正式な車名はメルセデス・ベンツ「560 SEC AMG 6.0」となるものだ。

 当時のAMGというと、ワイドなフェンダーをはじめとする攻撃的なスタイルが特徴なのだが、この個体はあくまで素のC126型のシルエットを保っている。

 そんなすっきりとしたブルーブラックメタリックのボディに搭載されているエンジンは、V型8気筒のM117型エンジンのブロックに、M119型エンジンのシリンダーヘッドをベースとして、AMGがチューニングを施したもので、最高出力380psを発生するV型8気筒6.0LのM117/9型だ。速度計は、AMGのレターが入った300km/hスケールに変更されている。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS