クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • Z世代のNB乗りが最新マツダ「ロードスター990S」に乗ってみたら? もったいなくて上がりの1台とさせていただきます!
CAR
share:

Z世代のNB乗りが最新マツダ「ロードスター990S」に乗ってみたら? もったいなくて上がりの1台とさせていただきます!

投稿日:

TEXT: 西川昇吾 PHOTO: 西川昇吾

  • 筆者のロードスターと990S

  • 装着するタイヤはヨコハマ アドバンスポーツV105

  • 富士山とロードスター
  • ブレンボキャリパー
  • 筆者のロードスターと990S
  • 筆者のロードスターと990S

NBオーナーに最新のNDはどう感じられたのか

 自分の愛車が一番! と思いながらも新しいモデルが気になってしまうのはクルマ好きの性。筆者もそんなひとりです。学生時代からの相棒であるNB型マツダ「ロードスター」は大変気に入っていますが、NBよりローパワーなのにサーキットで速い現行ND型はとても気になる存在です。そこで、ND最新モデルとも言える「990S」を街乗りから高速道路、ワインディングまであらゆるシチュエーションで試乗してチェックしてみました。

街中を軽く走らせるだけでも楽しい

 990Sをドライブした直後から感じたのは、街中でも運転が楽しいということ。ちょっとしたコーナーはもちろん、交差点での減速からターンイン、加速の一連の流れが低速域であっても非常に楽しい。1tを切る軽量な車重はソフトなサスペンションであっても問題なく、このソフトなサスペンションがしなやかな荷重の移り変わりを実現。低速域でもしっかりとクルマをコントロールしている感触をドライバーに与えてくれます。

 そして軽量な車重は「走る、曲がる、止まる」といった操作に対して非常にダイレクト。決してハイパワーではないので、軽量なことが加速に大きく寄与しているとは感じませんが、軽量で動き出しが軽いためスロットルやブレーキ、そしてステアリングといったあらゆる操作に対して想像した通りに澄んだ回答がリアクションとして返ってくる感覚です。まさに人馬一体、クルマとの対話を低速域でも楽しめる雰囲気です。

ワインディングでは肩の力を抜いて

 街乗りで運転が楽しいことを実感しながら期待を抱いてワインディングへ。そこで強く感じたのは「ヒラヒラと走る」、そんな言葉がピッタリということ。サスペンションはたしかにソフトですが、このソフトな足まわりが生み出すなめらかな荷重の移り変わりを感じながら走ると非常に楽しく、「次のコーナーが楽しみ! 次のコーナーよ早く!」そんな気持ちが強くなります。

 そして、驚かされたのは「速く」走りたい気持ちが芽生えないこと。スポーツカーに乗ってワインディングを走ると、どうしても目が三角になりがちかもしれませんが、990Sはそんな気分にはさせてくれません。

 ワインディングを走ってとても楽しいのは間違いないですが、ソフトな足まわり、大きなロール感といったドライビングフィールは「肩の力を抜いてこの道を楽しみましょうや」とクルマから訴えかけているよう。低回転からついてくるフラットなトルクもあってか、2速にシフトダウンした方が速いコーナーでも、3速のままでいいかなと思わせてくれます。

 ただただ、クルマと道との対話を楽しみ、理想とするなめらかな荷重移動を体現することに努める……そんな、速さを求めず純粋に運転を楽しむことができるワインディングでのドライブとなったのです。

富士山とロードスター

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS