クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 日産新型「フェアレディZ」をトップシークレットがカスタム! R35 GT-R用のパーツで武装したデモカーの進化に期待がもてます
CUSTOM
share:

日産新型「フェアレディZ」をトップシークレットがカスタム! R35 GT-R用のパーツで武装したデモカーの進化に期待がもてます

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭  PHOTO: 佐藤 圭

  • 新型フェアレディZのトップシークレット仕様のフロントマスク

  • フェンダーの内部に空気を溜め込まず、走行抵抗を限界まで減らすために設けられたダクト

  • 迫力のリヤビュー
  • 新型フェアレディZのトップシークレット仕様のフロントマスク
  • 新型フェアレディZのトップシークレット仕様のフロントマスク

幕張にゴールドのZが舞い降りた!

 2022年4月にビッグマイナーチェンジを敢行し、大きな話題を呼んだ日産「フェアレディZ」を、老舗チューナー「トップシークレット」がいち早くチューニングして東京オートサロン2023へ展示した。

本格エアロを身にまとい迫力満点

 お家芸といえるパワー系こそまだこれからという状態だが、全身にまとったドライカーボンのエアロパーツ、専売モデルのOZ製ホイールなどが装着されている。ボディカラーは「トップシークレットゴールド」で、今回は従来の塗装ではなくラッピングで仕上げたという。

 現時点でメインとなるのはエアロパーツだ。フロントはハイスピード域でノーズを地面へ押し付け、安定したハンドリング実現するリップスポイラーや、エンジンルームの熱気を効率よく排出するボンネットを装着。また、フロントフェンダーも後方にダクトを設けることで、空気を抜き、いわゆるパラシュート状態になるのを防ぐ効果を持つ。

 リアではトラクションを稼ぐ大型のウイングと、マッシブな印象を強く与えるオーバーフェンダーをセット。すべてのアイテムが圧倒的な軽さと強度を誇るドライカーボン製で、ストリートはもとより大きな負荷のかかるサーキット走行でも、フェアレディZのポテンシャルを引き出してくれるに違いない。

迫力のリヤビュー

トップシークレット専売のOZフッツーラを装着

 そして足もとを飾るホイールにも注目。OZレーシングが復刻させた往年の人気モデル「OZフッツーラ」で、トップシークレット専売であることを示すロゴが刻まれる。

 オーソドックスながら力強さをアピールする5本スポークの奥には、R35 GT-R用のブレーキが装着され、強烈に存在感をアピールしている。足まわりはステージを問わない優れた運動性能と、しなやかな路面追従性で快適さをも併せ持つ車高調、HKSの「ハイパーマックスS」をチョイスしローダウンした。

 室内はオリジナルの高級感あるフロアマットと、GT-Rで人気のパドルシフターを取り付けている。エクステリアとフットワークから手を入れた新型フェアレディZ、今後はどのような進化を遂げていくのだろうか。国内のみならず海外でも圧倒的な知名度を誇る、名門トップシークレットの手腕に期待したい。

  • 迫力のリヤビュー
  • 新型フェアレディZのトップシークレット仕様のフロントマスク
すべて表示
  • 佐藤 圭
  • 佐藤 圭
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS