クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • およそ1400万円! 空冷最後のポルシェ「911」はいまが買い時!? フルオリジナル美車の相場は高値安定
CLASSIC
share:

およそ1400万円! 空冷最後のポルシェ「911」はいまが買い時!? フルオリジナル美車の相場は高値安定

投稿日:

TEXT: 古賀貴司(自動車王国)  PHOTO: 2022 Courtesy of RM Sotheby's

現在は相場が安定している993型

2023年3月4日、RMサザビーズがアメリカで開催したオークションにおいてポルシェ911カレラクーペが出品された。ここ数年でグッと価格が高騰している空冷のポルシェは、オークションでも注目されている1台だ。今回はいくらで落札されたのか、同車について振り返りながらお伝えしよう。

911シリーズで初の6速MTを採用した993

1994年に生産が開始された993型ポルシェ911は、ポルシェが伝統的に得意としてきた空冷エンジンの最終進化型となった。プラットフォームを徹底的に改良し、シャシーには新しい合金製リアサブフレームが採用され、減速時にオーバーステアとなりがちだった前世代の傾向を克服するために設計されたマルチリンクサスペンションを搭載していた。

3.6L水平対向6気筒エンジンには、ポルシェのバリオラム・インテークを採用(1996年以降)。エンジンへ送られる空気が通るパイプの内部に弁を設け、この弁をエンジン回転数に応じて開閉させることで、空気の供給量を調節する。低速域ではトルクを太くし、高回転域ではパワーをアップすることが可能になっている。トランスミッションには4速ティプトロニック、そして911では初めて6速MTを選ぶこともできた。ポルシェ911カレラクーペ

トニー・ハッターのデザインは、911の伝統的な“グリーンハウス”シルエットを継承しつつ、フロントバンパーとリアバンパーを一体化することで、よりスムーズでモダンな外観を実現している。前世代と同様、993はクーペ、コンバーチブル、タルガなど、さまざまな仕様やボディスタイルを選ぶことができた。

12

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS