クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • レトロ風軽自動車はスバル「サンバーディアス クラシック」から始まった! 究極はダイハツ「ミラジーノ」だった【カタログは語る】
CAR
share:

レトロ風軽自動車はスバル「サンバーディアス クラシック」から始まった! 究極はダイハツ「ミラジーノ」だった【カタログは語る】

投稿日:

TEXT: 島崎 七生人(SHIMAZAKI Naoto)  PHOTO: 島崎 七生人

真正面から「本家」に寄せていった大本命・ミラ ジーノ

それとダイハツではもう1台、いよいよ核心に迫る(クラシックミニのイメージに限りなく近づけた)モデルとして1999年に登場したのが「ミラ ジーノ」。このモデルもノーズまわりではフード、左右フェンダーを標準車とはまったく別モノに作り変え、しかも前後の別体のメッキバンパーにはオーバーライダーまでつけた、時代考証的にもかなり念入りなクルマだった。

もちろんメッキのベゼル付き丸型ヘッドライトと台形風のグリルの組み合わせは、これはもう確信犯と言って口が悪ければクラシックミニへのオマージュともいうべき姿カタチ。しかも驚くべきことに「MINILITE special」と銘打った8本スポークのミニライトのアルミホイールを装着した仕様まで堂々とラインナップしていたのである。ちなみに3ドアの他に5ドアの設定もあった。

ここだけの話だが当時、クラシックミニ(35周年記念限定車だった)に乗っていた筆者は、うかつにも4ドアでパワステ付きだからいいかも……などと心なびかされそうになったものである。

このミラ ジーノは2004年には2代目にフルモデルチェンジ。専用ボディとなった2代目ではややオーバルな形状のヘッドライトや、ボディ形状になじませたランチアのどれかのモデルを思わせるようなリアコンビランプなどで洗練度を高め、インテリアもただシンプルなだけではない、味わいのあるデザインが与えられるなどしていた。

スズキもアルトCなど出していたけど影は薄かった

ほかにスズキでは「セルボモードC」(1995年)、「アルトC」(1999年)があった。が、この2モデルはこれまでにご紹介した他社のレトロ調モデルに較べ、肌感覚的には存在感が薄かったような気がする。手元でもアルトC(とアルトC2)のカタログがかろうじて残っていた。

復古調、懐古調と言い方はいろいろだが、要は量販車ゆえの画一化に飽き足らず、個性、味わいをより楽しみたいユーザーのために用意されたのがレトロ調の軽自動車だったと思う。

12
すべて表示
  • 島崎 七生人(SHIMAZAKI Naoto)
  • 島崎 七生人(SHIMAZAKI Naoto)
  • 1958年生まれ。大学卒業後、編集制作会社を経てフリーランスに。クルマをメインに、写真、(カー)オーディオなど、趣味と仕事の境目のないスタンスをとりながら今日に。デザイン領域も関心の対象。それと3代目になる柴犬の飼育もライフワーク。AMWでは、幼少の頃から集めて、捨てられずにとっておいたカタログ(=古い家のときに蔵の床が抜けた)をご紹介する「カタログは語る」などを担当。日本ジャーナリスト協会会員、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
著者一覧 >


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS