クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 不安だった「スバル×MT」も慣れれば平気!「BRZ」は峠やサーキットで走りたくなる1台でした【AMWリレーインプレ】
CAR
share:

不安だった「スバル×MT」も慣れれば平気!「BRZ」は峠やサーキットで走りたくなる1台でした【AMWリレーインプレ】

投稿日:

TEXT: AMW 米澤 徹(YONEZAWA Toru)  PHOTO: AMW 米澤 徹

クルマ好きなら1度は触れておきたいクルマ

AMWリレーインプレのお題第5弾は、2021年7月にフルモデルチェンジを行ったスバル「BRZ」となった。以前からトヨタ「86」&スバルBRZは乗りたいな……と一方的に思うだけで、タイミングが合わず乗れずじまい。今回は先代との比較などない、まっさらな印象をお届けする。

ずっと苦手意識を持っていたMTのスバル

その前に先に少しだけ言い訳というか、正直な胸の内を明かしておきたい。スバル車のMTモデルに乗るのはこれが2回目で、最初は「インプレッサ22B-STiバージョン」。スバル好きなら垂涎のモデルを、チャンスがあって「運び役」として少し乗ったことがある。

当時はスズキ「カプチーノ」を所有していたので、同じ年代だから同じ感覚で運転ができるだろうと思っていた。ところが、いまでも鮮明に覚えているが、エンストした数はトホホの20回。どう頑張ってもクラッチミートのタイミングを合わせられず苦戦をした記憶がある。入社したばかりの新米だったことと、運転技術がまったくなかったコゾーだったせいもあるだろう。スバルやインプレッサ22Bの名誉のためにお伝えすると、決して乗りにくいわけではなく、乗り手が下手なだけの話なのだが、それ以来なんとなく、スバルのMTに対して苦手意識を抱いていたのだった。

あの日から5年が経ち、久々に乗ることになったマニュアルトランスミッションのスバル。不安でしかなかった。

BRZも最初はお約束のエンストから

お借りしてきたクルマは、BRZのSグレード。新色となったイグニッションレッドがボディデザインにマッチし素直にカッコいいと思えた。まずは恒例行事となった、クルマをじっくりと眺める時間だ。

低く構えたフロントノーズ、大型のアンダーグリル、フロントホイールアーチのエアアウトレット、絞り込まれたキャビン、ダックテールといった一連のデザインの流れを見ると、どこか旧いヨーロッパ車に似ているとすら思えた。31歳の若造だけに(?)、真横のスタイリングからはフェラーリの「250GTO」やTVR「ヴィクセン」などがつい思い浮かんでしまうのだ。

スバルBRZ

ウダウダ言っているとあっという間に時間が過ぎてしまうので、さっそくドアを開けて乗り込むことに。お尻から滑り込ませるように乗り込むと「低い」と、思わず声が出そうになった。このシート感覚こそ、忘れかけていた何かを目覚めさせてくれ、久々にスポーツカーを運転するぞ! なんて気持ちにさせられるもの。シートに身を沈めてポジションを合わせ、エンジンをかける。

反発力が強め(に感じた)なクラッチペダルを踏み込み、ギアのニュートラルを確認し、スターターボタンを押す。クスンクスンクスン、バァァァァァンと水平対向エンジンが覚醒する。ギアを1速に入れると、ガコンと音がした。なんだかレーシングカーみたい! と思いながらクラッチを繋げると、お約束のエンスト。

再びギアをニュートラルに入れて、クラッチを踏み込み再始動。1速にギアを入れた時に、ん? とメーターを見ると少しだけ回転数が上がっていたことに気づいた。今度はそーっとクラッチを当てて、スタート。思った以上に駐車場からクルマを出すのに時間がかかってしまったが、撮影場所となるお台場へ向かうことにした。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS