クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • 土屋圭市氏の「ハチロク」を徹底解剖する小冊子も! 京商から「KYOSHO MINI CAR & BOOK Vol.16」が発売
LIFE
share:
土屋圭市氏の「ハチロク」を徹底解剖する小冊子も! 京商から「KYOSHO MINI CAR & BOOK Vol.16」が発売

土屋圭市氏の「ハチロク」を徹底解剖する小冊子も! 京商から「KYOSHO MINI CAR & BOOK Vol.16」が発売

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: 京商

1/64スケールとは思えぬ精密さに注目

1/8スケールのオフロードバギーといった本格ラジコンから、1/18スケールや1/64スケールのミニカーまで、さまざまなアイテムを展開するホビーメーカーの京商。同社がコンビニで展開している「KYOSHO MINI CAR & BOOK」の第16弾として、トヨタ「スプリンター トレノ」が2023年9月7日よりファミリーマートで発売される。

懐かしのコンビニシリーズ

京商といえば過去にサークルKサンクスで2004年11月に発売した1/64スケール「フェラーリミニカーコレクションVol.1」を皮切りに、ランボルギーニ、ポルシェなどさまざまな車種をリリースしていたのを覚えている方もいるだろう。残念ながら2016年12月に発売した「第83弾 フェラーリミニカーコレクション Vol.12」を最後に、しばらくシリーズ化されなかった。

2020年1月からスタートした新シリーズ「KYOSHO MINI CAR & BOOK」は、ミニカー+小冊子で実車の理解を深められる商品として発売されている。これまでスバル「インプレッサ22B」や日産「GT-R」、ロータス「ヨーロッパ」(サーキットの狼仕様)、スバル「サンバー」といった幅広いモデルを展開してきた。

ミニカーは京商オリジナル仕様

今回モデル化されたのは、1983年に登場したトヨタ スプリンター トレノ(AE86)だ。ハチロクの愛称で知られる同車は、スポーツカーにしては車両価格が安価(当時の価格は最も高かったトレノ3ドアGT-APEXで156.3万円)だったこともあり、とくに走り好きの若者が好んで購入していた。

さらに1995年から連載がスタートした漫画『頭文字D』で主人公が操るクルマとして描かれたことから、国内外で人気の高いモデルとなっている。

ミニカーは8本スポークホイールに黒いボンネットが奢られ、小さなフォグランプが備えられた京商のオリジナル仕様。ほかにもワイパーの形状やメッキ類、マフラーの形状なども1/64スケールながらきちんと再現されている。ボディカラーは、パンダトレノでおなじみの白×黒の2トーンだ。

1/64スケールのトヨタ スプリンター トレノ

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS