クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 30年乗り続けた「FC3S RX-7」が事故で廃車に…瓜ふたつの個体を見つけてパーツ移植して見事復活しました
CLASSIC
share:

30年乗り続けた「FC3S RX-7」が事故で廃車に…瓜ふたつの個体を見つけてパーツ移植して見事復活しました

投稿日:

TEXT: 酒寄俊幸(SAKAYORI Toshiyuki/gasgraphix)  PHOTO: 酒寄俊幸(ガスグラフィックス)

  • オーナーの福田さんとFC
  • エッジの効いたダクトが印象的なブリスターフェンダー
  • リアフェンダーもブリスタータイプ。福田さんによるとメーカー不明だそうだが、元の愛車と同じ製品を装備していたら、欲しくなるのは当然だろう
  • マフラーは可変バルブを採用したワンオフ品。バルブの加減で音量などが変化する
  • ホイールはヨコハマAVS。車高調も含めて足まわりは購入時のままのため、リニューアル予定だ
  • ダッシュボード内部には追加メーターを装備。これらを隠すのが、大人な福田さんスタイル
  • 2代目RX-7は1985年に登場。3世代にわたってリトラを採用している名車だ
  • ハンドル、シートなど、移植できるものはすべて初代愛車より引き継いだインテリア
  • ドア内装部も初代愛車に装着されていたもの。ボディが潰れただけで、内側は軽傷か無傷だったのが不幸中の幸い
  • 3世代いずれも、その時代の中での最先端をイメージするボディデザインが魅力的
  • 13Bロータリーエンジンはノーマルで、吸排気系変更とストラットタワーバーを追加している
  • 1991年式のマツダRX-7と、オーナーの福田治夫さん

たとえ家族でも愛車の貸し借りはしないほうがいい!?

1台の愛車を30年間も乗り続ける。これだけでも、クルマ好きとして充分過ぎる情熱を感じるが、その愛車が全損……。しかし代替え車を見つけ出し、パーツ移植を経て、愛車を復活させたのが、この真っ赤なマツダ「サバンナRX-7」のオーナー、福田治夫さんだ。世の中に存在するクルマの数だけ、その愛車に対する想いは人それぞれ。しかし、愛車を失うという悲しみを乗り越えての復活劇は、誰もが簡単に経験できるものではない。福田さんのその熱い気持ちを、同じクルマ好きの皆さんに感じ取ってもらいたい。

新車購入から30年間……ずっとそばにいた愛車に悲劇が訪れた

福田さんが最初にマツダ「サバンナRX-7」(2代目FC)を手に入れたのは、1990年のことだった。この2代目RX-7は1985年に登場。13Bと呼ばれる2ローターエンジンを搭載し、ターボ仕様で185psを発生した。発売当時は車体デザインが某ドイツ車に似ていることを揶揄されたこともあったが、その優れた性能は世界的に評価され、1991年12月まで約6年間にわたって、ロータリースポーツ車としての威厳を保っていた名車である。

もちろん福田さんもこの愛車の性能に大満足していた。少しずつカスタムを重ねながら楽しんだ愛車との蜜月は30年にも及び、言うまでもなく「一生ものの愛車」のつもりでカーライフを楽しんでいた。ところがある日、息子さんにこの愛車を貸したところ、高速道路で横転させるという自損事故が発生。運転していた息子さんご本人にケガが無かったのは不幸中の幸いだったが、福田さんの愛車は屋根が潰れた状態に。結果、30年間も一緒に過ごした最愛のRX-7は、泣くにも泣けないほどの思いで、廃車となってしまったのだ。

クルマの神は存在する!? 奇跡的な1台との出会い

クルマは廃車。でも、息子さんはケガもなく生きている。息子さんが無事なのは嬉しいが、マツダRX-7が手元にいない喪失感たるや、こればかりは当事者の福田さん以外で、その気持ちを代弁できる人間などいるわけもない。そんな悲しさや苦しさを一気に忘れさせてくれる出来事。それが、現在のこの赤い個体との出会いだった。

「事故から1カ月ぐらいが過ぎたときです。全損になった愛車への思いを忘れることができず、インターネットでクルマを見ていたら、広島県でこれを見つけたんですよ」

偶然見つけたFCのリア

重要だったのは、2代目FCである、ということだけではなかった。福田さんいわく「メーカーは不明」だが、ずっと装着していたお気に入りのエアロを身にまとった「サバンナRX-7」を見つけてしまったのだ。

「前後フェンダー、サイドステップ、フロントバンパー、リアアンダースポイラーと、すべてのエアロがまったく同じ商品だったんです。これはもう奇跡以外の何物でもないですよね(笑)。この車両に運命を感じて、即決したのです」

福田さんにとって、購入するかどうかを躊躇する時間など不要だった。じつは、全損事故の際に、使えるパーツはすべて残していたのだ。その内容は、エンジン、トランスミッション、デフと内装すべて。シフトブレーキやメーター、細かいところでは足元のフロアマットなど、さまざまなパーツが手元にある。事故でダメージを負ったのはフロントと屋根部分のみで、全損事故には違いないが、思い出のパーツ類はしっかりと保存していたことも、この奇跡に繋がったといっても過言ではないだろう。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS