クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 「ディフェンダー」でトレーラー牽引からフィアット「デュカト」へ乗り換え!「峠もガンガン走って駐車場に停められるので秘湯めぐり楽しんでます」
CAR
share:

「ディフェンダー」でトレーラー牽引からフィアット「デュカト」へ乗り換え!「峠もガンガン走って駐車場に停められるので秘湯めぐり楽しんでます」

投稿日:

TEXT: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)  PHOTO: 近藤浩之

  • 全長5.4mのモデルを選択している
  • アドリアはヨーロッパの架装メーカーとなっている
  • 室内には家庭用のエアコンも装着されている
  • コンロ用にガスボンベも設置されている
  • 2バーナーのガスコンロとシンク
  • ワンちゃんを飼っているため、宿をとらなくていいキャンピングカーにしたという側面もあるようだ
  • トイレは単独の浄化槽付となっている
  • 境さんご夫婦は他のクルマも所有しているが、近所でもこのクルマで出かけることが多いという
  • オーナーの境博仁さんによると、意外に取り回しは悪くないという
  • 境さんご夫婦は他のクルマも所有しているが、近所でもこのクルマで出かけることが多いという
  • 2016年式ファット「デュカト アドリア ツイン540SP」オーナーの境博仁さん

人生を変えた2週間

「フィアットピクニック」が2023年10月28日にボートレース浜名湖で開催されました。過去最高の約1400台、2500人ものフィアットオーナーが参加し、新旧フィアットが大集合。ここでは、“境 博仁さん”の2016年式フィアット「デュカト アドリア ツイン540SP」を紹介します。

峠もガンガン上がっていく

キャンピングカーに架装された2016年式デュカト アドリア ツイン540SPオーナーの境博仁さんは、このデュカトを手に入れる前はランドローバー「ディフェンダー」でトレーラーを牽引しキャンプなどを楽しんでいたという。そのキッカケとなったのは、ヨーロッパ・アルプスで過ごした2週間だったそうだ。

「ロッククライミングをやるものですから、レンタカーで山道具を積んでヨーロッパアルプスに行ったんです。そうしたらシャモニーのキャンプ場で、ワーゲンでトレーラーを引っ張っていた老夫婦がいまして。モンブランは夜10時に真っ赤に染まるんですけど、ご夫婦揃ってじーっとトレーラーの前でその光景眺めている姿を見て、“カッコいいねぇ”って。日本に帰ってきて、すぐトレーラーを買いにいきました」

トレーラーからキャンピングカーに変えたのは、全長が長くなり出先での駐車場や狭い道などに不便があったからだそうで、フレンチ・ブルー・ミーティングで見かけたデュカトのキャンピングカーをずっと探していたそうだが、なかなか現車がなく5年前にやっと手に入れることができたのだそうだ。

「以前のオーナーは1年半ぐらい乗って海外赴任になって、泣く泣く手放したみたいなんです。購入前に情報を集めていて、デュカトは走りがいいって聞いてたんです。2300ccで165馬力ですけどトルクがあるので、峠もガンガン上がっていくんですね。ヨーロッパ仕様なので、トリセツにも160キロ巡行可と書いてあるんですよ。走りはさすがにイタ車だなって。高速も100km/h巡航で2000回転くらいで、11.4km/L〜13.7km/Lの間で燃費もいいので助かってます」

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS