クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 彼女が国産軽カーからフィアット「500X」に乗り換えた理由とは?「ブラウンのシートに一目惚れしたんです」
CAR
share:

彼女が国産軽カーからフィアット「500X」に乗り換えた理由とは?「ブラウンのシートに一目惚れしたんです」

投稿日:

TEXT: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)  PHOTO: 近藤浩之

  • 2021年式フィアット500XオーナーのYunaさん(左)
  • 車高が高いクルマが欲しくて、500Xを購入
  • ブラウンのインテリアカラーが好きな部分のひとつ
  • 500Xのテールランプ
  • カスタムなどは特に考えていないという
  • 500Xのサイドミラー
  • 国産の軽モデルからの乗り換えだという
  • オーナーのYunaさん。「運転はあんまり得意じゃないんです」

いつかは乗りたいと思っていたフィアット車

「フィアットピクニック」が2023年10月28日にボートレース浜名湖で開催されました。過去最高の約1400台、2500人ものフィアットオーナーが参加し、新旧フィアットが大集合。ここでは、国産軽モデルから乗り換えた“Yuna”さんのフィアット「500X」をお届けします。

とある理由で購入が1年早まった

以前からずっとフィアット車に乗りたいと思っていたというYunaさん。学生の頃から乗っていた国産軽カーから乗り換え、2021年に念願の500Xを手に入れたそうだ。

「前々からフィアットに乗りたい夢があって、思い切ってフィアットに乗り換えました。500Xを選んだのは、デザインが好みだったのと車高が高いクルマに乗りたかったから。ルノーのキャプチャーと悩んだんですけど、最終的にずっと乗りたかったフィアットを選びました」

500Xを選んだのは他にも理由があり、そのことにより本来は1年後くらいに予定していた購入時期が一気に早まったのだという。

「ブラウンのシートが中から見ても外から見ても可愛くて、内装の白との組み合わせも好きだったんです。今でも、このカラーリングのおかげで乗るたびに気分が上がるんですよ。クルマの納車が遅れている時期で、本当は1年後に購入する予定でディーラーに下見にいったんですけど、この内装の組み合わせが最後で次の入荷からはからは全部グレーになるっていわれたんです。すぐに買うつもりはなかったんですけど、購入することにしました。大きな決断でしたね」

さらに楽しみは広がっていく

思わぬタイミングで500Xを購入することとなったYunaさん。思い切って購入した500Xは思い通りのクルマだったのだろうか?

「以前は軽自動車に乗っていて運転もあまり得意じゃないから、そういう意味での大変さはありますけど、購入してよかったですね。あまり長距離は走っていないんですけど、いろんなところに出掛けています」

ところでフィアットピクニックは初参加ということだが、一緒に参加したご友人とバッグやキーホルダーを購入するなどイベントを楽しんでいたようだ。

「イラストレーターさんのバッグとキーホルダーを買いました。フィアットピクニックには去年も行きたかったんですけど、タイミングが合わなくて。いつも2人で出掛けている友人を誘って今年は参加してみました。そのご友人は500Xの乗り心地がいいっていってくれますね」

ちなみにご友人は国産の軽モデルに乗っているということ。イベント初参加となったYunaさん、会場でフィアットグッズも手に入れ、今後もさらに500Xのある生活が楽しくなることだろう。

すべて表示

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS