クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 日産の創立90周年を祝う! 伊藤かずえの「シーマは免許返納まで乗り続けたい」を受けて千原ジュニア「俺もセドリックをレストアしたい!」
CAR
share:
日産の創立90周年を祝う! 伊藤かずえの「シーマは免許返納まで乗り続けたい」を受けて千原ジュニア「俺もセドリックをレストアしたい!」

日産の創立90周年を祝う! 伊藤かずえの「シーマは免許返納まで乗り続けたい」を受けて千原ジュニア「俺もセドリックをレストアしたい!」

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: 日産自動車/AMW編集部

  • 日産90周年アニバーサリーイベントが開催された
  • 次世代EVコンセプトカーの「ニッサン ハイパー フォース」も展示された
  • 伊藤かずえさん、千原ジュニアさん、谷まりあさんら豪華ゲストによるトークセッションが行われた
  • 千原ジュニアさんは「コンセプトカーに似てますよ!」と言われると、「宣材写真にしようかな」と笑顔で返していた
  • 伊藤かずえさんは愛車のシーマについて熱い思いを語ってくれた。なお、このコンセプトモデルでは温泉に行きたいとコメント
  • 谷まりあさんは、ドライブを楽しむことがあるとカーライフについて話してくれた。登場時に乗車したアリアは、EVの走りに驚いたとのことだった
  • 千原ジュニアさんはこのモデルと同型のセドリックを所有していると画像で紹介された
  • 伊藤かずえさんのシーマがフルレストアを済ませたときの様子が画像で紹介された
  • 「ニッサン ハイパー フォース」のドアが開く様子に驚く千原ジュニアさん
  • 「ニッサン ハイパー フォース」のドアが開いた様子
  • 日産自動車の執行役副社長である星野朝子氏が登壇した
  • 90周年のモニュメント。よく見ると、じつはミニカーでできている
  • トークセッションの様子。会場登場時に乗車したアリアに乗った感想や、EVの走り、各自の愛車について、またコンセプトカーなど未来のクルマについてなど、さまざまなトークが展開された
  • 日産の最新モデルのフェアレディZとアリア、さらに伝説的ヘリテージカーの3代目スカイラインの前での記念撮影
  • 90周年を記念したアニバーサリーモニュメントの前に並んだ、左から伊藤かずえさん、千原ジュニアさん、谷まりあさん

日産の創立90周年を祝うイベント

日産自動車は2023年12月26日で創立90周年を迎える。それを記念して12月19日に「日産90周年アニバーサリーイベント」が開催された。当日は伊藤かずえさん、千原ジュニアさん、谷まりあさんら豪華ゲストが登場し、トークセッションが行われた。詳細をお伝えしよう。

記念展示とトークセッションが開催

創立90周年を迎える日産は、これまで先進的な技術やクルマを生み出してきた。その歴史を振り返り、「これまでも、これからもワクワクを届ける」というメッセージを伝えるべくアニバーサリーイベントが開催された。

90周年を記念して日産グローバル本社ギャラリー、NISSAN CROSSINGには1400名以上の投票により選ばれたヘリテージカーが期間限定で展示されている。また、12月27日までは本社ビルの「NISSANウォーク」にて壁面と床面を活用した特別展示として90年間の革新的な技術やクルマを年表で紹介しているので、日産ファンのみならず興味のある人はぜひ訪れてみてほしい。

「日産創立90周年アニバーサリーイベント」では執行役副社長の星野朝子氏が登壇し、90周年を記念した特別CMがお披露目された。そして、日産車オーナーである伊藤かずえさん、千原ジュニアさんに加えて谷まりあさんを招いてトークセッションが行われ、大いに盛り上がった。

副社長の星野朝子氏は、

「これまで従業員やさまざまな関係者の方、そして何よりお客さまに支えられて、日産は12月26日で創立90周年を迎えます。日産は創業以来、“他がやらぬことをやる”という精神のもと、クルマと技術の進化に挑み続けてきました。今後も、ワクワクするドライビング体験を皆さまにご提供することはもとより、革新的な技術で、クルマのみならず、クルマを超えて世の中を変え、さらにワクワクを届けていきたいと考えています」

というメッセージを披露した。

豪華なゲストが祝福

トークセッションはゲストのクルマ愛、日産愛があふれたものとなった。330型「セドリック」を所有する千原ジュニアさんは愛車について、

「東京に出てきて1台目のクルマでしたが、このクルマの中で作ったネタも沢山あり、思い出が詰まっています。まさに苦楽をともにした、青春時代の象徴のような存在ですね」

と語った。そして「シーマ」を愛車として長きにわたり乗り続けている伊藤かずえさんは

「最近では去年から始めたYouTubeチャンネルで、シーマに友人と乗りドライブトークをしている。日産の皆さんにレストアしていただき、ピカピカになったシーマには、これからも免許返納まで乗り続けたい」

とコメントし、それを聞いた千原ジュニアさんが「俺もレストアしたい!」と声を上げて会場を沸かせていた。

また、谷まりあさんはジャパンモビリティショー2023で公開された3台の次世代EVコンセプトカーの特別展示を見て、とくに「ニッサン ハイパーパンク」のデザインがお気に入りとコメント。

「AIが、乗っている人の気分を感知して車内がカスタマイズされるなんて、自分だけのオリジナル空間ができてすごい。今までと違った楽しみ方ができるなと思う」

と未来のクルマへの期待を語っていた。会場には次世代EVコンセプトカーのうち、「ニッサン ハイパー フォース」「ニッサン ハイパー パンク」「ハイパーツアラー」の3台の「ハイパー」のほか、ハコスカの愛称で親しまれる「日産 スカイライン3代目モデル」も展示された。

日産の歴史と、未来に向かって

さらに90周年記念特別CM「技術の日産90周年篇」も初公開となった。CMソングの新曲「Higher」を担当した大人気シンガーソングライターのmiletさんからもコメントが寄せられるなど、祝福ムードを盛り上げていた。

今回のイベントでは、旧車となったクルマを長年所有するゲストがクルマ愛を語るとともに、コンセプトカーを前にしてクルマの未来についても語り合うなど、90周年に相応しい日産の歴史と未来を繋ぐイベントとなった。世の中にワクワクを届けたいという日産の思いの詰まったクルマたちは、今後も長く愛されていくに違いない。

すべて表示

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS