クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 念願のポルシェ991後期型「911GT3」が納車! だけど即「ズザッ」! 還暦前オヤジの「駐車場に入れない」愕然編【役物911長期レポ】
CAR
share:

念願のポルシェ991後期型「911GT3」が納車! だけど即「ズザッ」! 還暦前オヤジの「駐車場に入れない」愕然編【役物911長期レポ】

投稿日:

TEXT: 為出 元基(TAMEIDE Motoki)  PHOTO: 銭田 豊裕/為出 元基(TAMEIDE Motoki)

  • ご縁のあった2018年式991後期型911GT3のボディカラーはジェットブラック
  • センターロックホイールもブラックカラーといかつい雰囲気。なおドアミラーは手動デス(笑)
  • 991前期型から20cm高い位置となったカーボンファイバー製のリアウイング
  • 現車はクラブスポーツ仕様。GT3のストライプが入った専用のスポーツバケットシート、ロールケージ、シュロス製6点式シートベルトを備える
  • アナログメーターが残されたインパネのセンターには10000rpmまで刻まれたタコメーターが鎮座する。オドメーターは2万6938km
  • 自宅マンション駐車場の傾斜を測ってみたところ勾配は約19.5%、角度は約11°と少々きつめ。古いマンション故か?
  • 自宅マンション駐車場の傾斜を測ってみたところ勾配は約19.5%、角度は約11°と少々きつめ。古いマンション故か?
  • 「ロベルタリフターシステム」はスーパーカー御用達。東京オートサロン2024ではフェラーリSF90スパイダー、マセラティMC20チェロ、マセラティMC12を展示。すごっ!
  • 駐車場のスロープを下がったところで平坦部と接触。少しめくれ上がり気味に(涙)。納車日なのに駐車場に入らないとはなんたるザマ

ついに1980万円で2018年式ポルシェ911GT3のオーナーに!

トラベル系コンテンツディレクターとして糊口をしのぐ筆者が、齢60を前にしてドライブ旅行やスポーツ走行にも挑戦したいという想いから、憧れだった羽根付き「ポルシェ911」の購入を決意。経済的にも体力的にも限界にきている(?)アラカンのシニアにポルシェは翼を授けるのか? ようやく納車を迎え、いよいよ羽根付きポルシェライフスタートと思いきや、いきなりの悲劇が襲う……。いったい何が?

待ちに待った納車の日。ルンルンのおっさんに悲劇が襲う

納車は心から待ち遠しいものだ。無事ローンの手続きを終え、ホッとしてから約半月後。ようやく納車日が確定した。取りに行くつもりだったが、担当氏が持ってきてくれるという。思えば、買うのだ! と心に決めてから迷走すること約2年。そしてついにその日が来たのだ。目の前に現れた真っ黒なGT3。その姿はとてもセクシーで眩しかった。

担当氏から2個のキーと車検証、そして「ご購入ありがとうございました。おめでとうございます」の言葉とともにキンキラキンのスパークリングワインも渡された。少なくともローンが通り晴れて乗れるようになったことは、たしかにめでたい出来事だからありがたく頂戴することに。高級なディーラーなどでは花束贈呈などイベントがあると聞くが、これまでそんな世界とは縁もなく、こうした経験は初めてだった。シャンパーニュではないのが少々残念だったが(笑)、素直にうれしかったし、GT3を目の前にして気分はすっかりアゲアゲ、ルンルンであった。

ところが、そんなめでたい雰囲気の中で悲劇は起きた。

GT3に乗り込みマンションの地下駐車場に入れようとした時のことだ。ゆっくりと地下駐車場へと向かうスロープを下ったところ、ズザッという音ともに、ムニュとした感触が体に伝わってきたのだ。慌ててドアを開けフロントに回ると、なんと通路の平坦部にフロントリップがペシャリと接触してるではないか! それも擦っている状態ならまだしも、ほんの少しリップがめくれあがっているっ! 慌ててシフトをリバースに戻し、ズザッとまた音を立て、地上へと引き返した。

急いで状態を確認する。リップ底部はすでにガリガリ状態なので気にはしてないが、フロントスポイラー部が気になった。薄い素材のフロントセクションであったことが幸いしたのか、ともかくチリのズレなどはなく見た目は問題ないようだった。しかし、このままでは駐車できないではないかっ! やっと納車となったというのに、なんたる様……(涙)。

「入るだろう」という己の甘い認識に嘆く

言い訳をすると、駐車可能かをしっかり確認しなかったことにはいくつかの理由がある。購入決定する前に、そもそも住んでいるマンションに駐車場の空きがあるのかを確認せねばと管理人さんの元へ出向いた時のことだった。

「もうすぐ1台空きますよ。クルマはポルシェ? そういえばここは以前もポルシェでしたねぇ。黄色いやつ」という管理人さん。「ほら」と見せてくれた区画の工事中の写真の中に写っていたのは、なんと991前期GT3だった。この時、「へー991GT3がいたのか」→「ならここに入れるのね」と頭の中で自動変換したであろうことがまずひとつ。しかし、この時、GT3にはフロントアクスルリフトシステム(フロントリフター)というオプションがあることすっかり忘れていたのだった。きっとそのGT3には装備されていたと思われる。

加えて、この地下駐車場には明らかに車高の低いクルマが出入りしていることだった。そのクルマは987「ケイマンR」、そして見るからにシャコタン仕様のアバルト「595コンペティツィオーネ」だ。ケイマンRのオーナーには以前に話しかけたことがあって「満タンだと上りも下りもちょっと擦ります」と言っていた。それらの話や姿からシャコタンでも問題なしと勝手に思い込んでいたのだ。

いや、本当のところ、購入に浮かれて完全に車高(最低地上高)のことは、頭になかったというべきか。免許更新で毎回「だろう運転ではなく、かもしれない運転で」とあれだけ言われてきているのに、「入るだろう」と勝手に思い込んでいたオレ、アホすぎる。

フロントリフターが装着されていない個体のため、あちこちで擦ることは覚悟していたのだが、まさかの「自分の駐車場に入らない」である。スロープの勾配と傾斜角を図ってみると勾配は約19.5%、角度は約11°と最近のマンション等のスロープよりも比較的きつめな印象。ちなみにケイマンRの最低地上高は10cm。991GT3は法定基準スレスレの9cmだが、フロントリップ先端部は10cmほど。それもあって大丈夫かなと思っていたのだが、本当に甘かった。GT3はリップが前方に伸びている。さらに突き刺さりやすいことをこの時改めて思い知らされた。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS