クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「AMGモデル」も電動化! 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」がマイナーチェンジして価格は881万円からです
CAR
share:
メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「AMGモデル」も電動化! 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」がマイナーチェンジして価格は881万円からです

メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「AMGモデル」も電動化! 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」がマイナーチェンジして価格は881万円からです

投稿日:

TEXT: iconic  PHOTO: Mercedes-Benz Group AG

  • GLA35 4MATICはホイールアーチをブラックからボディ同色へと変更し、オンロードテイストを高めている
  • GLAは、ルーフラインがクーペライクとなっているため、リアのヘッドクリアランスがタイトとなる
  • 2023年のベーシックモデルのマイナーチェンジ同様、センターコンソールのタッチパッドが廃止されている
  • シート中央部のファブリックは、シート表面の65%、内部材料の85%にリサイクル材が用いられている
  • エクステリアの変更点はボンネットエンブレムとホイールのみ
  • 最低地上高は通常モデルが200mmなのに対し、こちらは160mmに低められている
  • GLB35のラゲッジ容量は通常130L、後席を倒せば最大1680Lまで拡大
  • 両モデルのボディカラーにはスペクトラルブルーとローズゴールドが追加された
  • 3本のツインスポークの最新ステアリングを標準装備している

コンパクトSUVがマイナーチェンジ

メルセデス・ベンツの人気コンパクトSUV「GLA」「GLB」のハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG 35」がマイナーチェンジ。「M260」エンジン搭載モデルにマイルドハイブリッドシステムが備わり、両SUVにも“電動化”モデルが登場することとなりました。

ハイパフォーマンスモデルから“電動化”

メルセデス・ベンツはコンパクトSUV2車種のハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」をマイナーチェンジ、2023年12月21日より販売した。

GLAは2020年に2世代目となる現行型にモデルチェンジ、使い勝手のよいサイズや初代よりSUVらしいスタイルに仕立てられたコンパクトSUV。その上級モデルとなるGLBは2020年に新登場、全長4650mmの比較的コンパクトなサイズながら、3列7人乗りの広い室内空間を実現した。背が高くスクエアなスタイルも魅力となっている。両モデルのハイパフォーマンスバージョンとなるメルセデスAMG 35シリーズの先代はGLAが2020年10月、GLBが2021年1月とほぼ同時期に登場。

最高出力306ps/最大トルク400Nmを発揮する2L直4ターボエンジン「M260」を搭載、足まわりを専用セッティングとしオンロードでの走行性能を高めている。素早いシフトのデュアルクラッチトランスミッションのAMGスピードシフト8速DCTが組み合わせられ、前後100:0〜50:50でトルクを連続可変配分する4WD(AMG 4MATIC)を装備した。また、ハイパフォーマンスだけでなく、快適性にも優れているのも特徴となっている。

新型のポイントは電動化。従来からの「M260」エンジンに、スターターとジェネレーターを兼ねるモーター「BSG(ベルトドリブン・スタータージェネレーター)」と「48V 電気システム」を備え、マイルドハイブリッド仕様となっている。回生ブレーキなどにより発電された電力を約1kWhのリチウムイオンバッテリーに蓄電し、エンジン始動や加速などを最大トルク160Nmの動力でアシスト。燃費低減はもちろん、パワートレインの総合性能を向上させる。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS