クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 隣の「ジムニー」が小さく見えるスズキ「エブリイ」発見! 10インチリフトアップの本格アウトドアな1台のカスタムとは
CUSTOM
share:

隣の「ジムニー」が小さく見えるスズキ「エブリイ」発見! 10インチリフトアップの本格アウトドアな1台のカスタムとは

投稿日:

TEXT: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)  PHOTO: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)

  • 大阪オートメッセ2024に京都府のBEAST-Rが出展したスズキ エブリイ
  • 前後にBEAST-Rの前後に同社のSSバンパーを装着
  • パイプ製のバンパーガードを組み合わせる
  • もちろんアンダーガードも装着
  • DA17用に新たに7インチリフトアップのキットをリリース
  • タイヤは31/9.5R15という軽自動車には規格外に大きなサイズ
  • サイドステップも同社のアイテム
  • リアにはヒッチステップ
  • 本格オフロードを楽しむのにも良さそうだ
  • 70mmオーバーフェンダーを装着
  • ボディサイズは軽自動車枠をあっさりオーバーし、なんと3ナンバー登録となるそうだ

隣のジムニーが小さく見える! リフトアップ・エブリイ

2024年2月10~12日にインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ(OAM)2024」には、過去最高660台ものカスタムカーが集結しました。今回は圧巻のリフトアップカスタムが施されたBEAST-Rのスズキ「エブリイ」を紹介します。

足まわりで10インチのリフトアップ! さらに直径31インチタイヤを装着!

京都府のBEAST-Rは、以前からスズキ「ジムニー」や「エブリイ」、「キャリイ」などのリフトアップカスタムを得意としているショップだ。じつは以前からエブリイのリフトアップカスタムは同社の人気モデルなのだが、今年のブースに展示されている現行DA17型エブリイのデモカーは以前より車高が高く、隣のジムニーがちょっと小さく見えてしまうほど。そこでお話を伺ってみた。

「そうなんです。DA17用に新たに7インチリフトアップのキットをリリースすることになりました。これに3インチのコイルスペーサーを組み合わせることで、トータル10インチのリフトアップを実現しています」

10インチ(約25cm)のリフトアップとなるとスプリングを交換しただけというわけにはいかず、アームやスタビライザーなどの取り付け位置自体を下げる必要があり、そのためにシャシーとメンバーの間に挟み込む専用のブラケットなどが全てセットになっているそう。

さらに装着されているタイヤが31/9.5R15という軽自動車には規格外に大きなサイズとなるため、その車高はさらに高くなっているのだ。

ワイルドなリフトアップ・エブリイは新たな選択肢になりそう

外装は前後に同社のSSバンパー、さらにその下にパイプ製のバンパーガードを組み合わせて装着。フェンダーには70mmオーバーフェンダーに加えてパイプバンパーやサイドステップなど、同社のアイテムを各部に装着している。

これによってボディサイズは軽自動車枠をあっさりオーバーし、なんと3ナンバー登録となるそうだ。いずれにせよ、規格外のエブリイ・リフトアップカスタムの周囲には常に人だかりが絶えることはなかった。

「エブリイは荷物もたくさん積めるし何よりベース車が安いので、こういったカスタムを施すことでアウトドア好きやオフロード好きの人に、ジムニー以外の選択肢となってほしいですね」

すべて表示


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS