クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • ベントレーが「ノブレス・オブリージュ」の精神で地球規模で取り組む活動とは? 環境財団に新たに2団体が加わりました
CAR
share:
ベントレーが「ノブレス・オブリージュ」の精神で地球規模で取り組む活動とは? 環境財団に新たに2団体が加わりました

ベントレーが「ノブレス・オブリージュ」の精神で地球規模で取り組む活動とは? 環境財団に新たに2団体が加わりました

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: Bentley Motors

  • 「世界水の日」に合わせ、ブルーマリン財団とエバーウェーブの2団体の加盟が発表された
  • エバーウェーブは、アウディ環境財団、フェリー・ポルシェ財団などの他のVW企業が共同支援している
  • エバーウェーブの専用ゴミ回収船はゴミが海に入るのを防ぐために使用される
  • 環境にプラスの影響をもたらす活動を支援するベントレー
  • クルーの工場では、養蜂も手掛けているベントレー
  • 2023年のベントレーは過去3番目の高水準となる1万3560台を全世界で販売した
  • 13年連続でトップエンプロイヤー(最優良雇用主)の認定を受けた
  • ベントレーは工場のカーボンニュートラル化を達成している
  • ベントレーが掲げる持続可能なブランドを目指す「ビヨンド100戦略」では、2030年までにEVのみとなる予定
  • ベントレー環境財団は地球再生と緊急に必要とされる温室効果ガスの削減に取り組む団体を支援している

水路や海洋が果たす気候変動を緩和する重要な役割

ベントレー環境財団は2023年6月に発足し、主には地球再生と、緊急に必要とされる温室効果ガスの削減に取り組む団体を支援しています。今回、水の重要性と責任ある利用を強調するために国連が毎年実施している「世界水の日」にあわせ、ブルーマリン財団とエバーウェーブの2団体の加盟が発表されました。それぞれどのような活動をしている団体なのでしょうか。

廃棄物処理に対する世界的な取り組みを目指す

エバーウェーブ(everwave)は海洋ゴミの回収に焦点を当てた団体である。専用のゴミ回収船はゴミが海に入るのを防ぐために使用され、また、最新の人工知能を利用して廃棄物を検知・分析し、清掃活動を支援しているという。

回収された廃棄物は、環境に優しいプロセスでリサイクルされ、一般の人々にも環境問題の意識を高めてもらうことを目指す。エバーウェーブは、ベントレー環境財団のみならず、アウディ環境財団、フェリー・ポルシェ財団などの他のフォルクスワーゲングループ企業が共同支援していることも注目に値するだろう。

現在の主な活動拠点は、毎年385t近くのプラスチックゴミが海に流されているタイの首都バンコクである。“架け橋を築く”というモットーのもと、このパートナーシップで廃棄物処理に対する世界的な取り組みを行うことを目指している。

海洋全体を持続可能な方法で管理する

もうひとつの団体、ブルーマリン財団(Blue Marine Foundation)は、海洋における生物と生息地の大規模な破壊に対処することにより、海洋を健全な状態に戻すことを目的とした慈善団体である。

海洋保護区(MPA)の創設、乱獲への取り組み、重要な生息地の回復、持続可能な漁業のモデルの開発を通じて、2030年までに世界の海洋の少なくとも30%を効果的な保護下に置き、海洋全体を持続可能な方法で管理することを使命としている。

ベントレー環境財団は、主にカリブ海、地中海、大西洋において、特別な海洋生物と生物多様性を継続的に保護するために海洋保護区(MPA)を設立し、それを効果的に管理するためのプロジェクトに資金を提供する予定だ。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS