クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 3/4サイズの「セブン」は50ccの原付カー! ワンオフで製作してナンバー取得済み。左足アクセル仕様の理由とは【マイクロカー図鑑】
CUSTOM
share:

3/4サイズの「セブン」は50ccの原付カー! ワンオフで製作してナンバー取得済み。左足アクセル仕様の理由とは【マイクロカー図鑑】

投稿日:

TEXT: 長尾 循(NAGAO Jun)  PHOTO: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)

  • 原寸大(=本物の)セブンの3/4程度に縮小された、いわば公道を走るスケールモデル
  • 長さ2.5m×幅1.3m×高さ2.0m以下という原付カーの規定サイズに収まっている
  • ベース車両はレース車両製作のスペシャリスト「ノーチラススポーツカーズ」にオーダーして制作
  • 中村さんが自身の工房で自分専用仕様にカスタム&モディファイを加え完成させた
  • ノーズコーンの造形も見事な仕上がり
  • 原付カーとしてナンバーも取得済みで公道走行も可能
  • サスペンションなどには中国製小型バギーのパーツが巧みに流用されている
  • ノーズにはスーパーセブンのエンブレム
  • タイヤサイズは145/80R10
  • テールランプもオリジナルの雰囲気を感じさせる
  • テールには「SEVEN 50」のエンブレム
  • リアに積む小さなトランクは小物入れ
  • 左サイドにはヨシムラのバイク用マフラー
  • 小さなウインドスクリーン
  • ステアリングはモモ
  • スパルタンなダッシュボードの雰囲気もセブンらしい
  • 1人乗りのシート
  • フロントのフードを外すと50ccの原付エンジンが姿を現す
  • フロント右側にはステアリングシャフトが伸びる
  • オーナー用に左足アクセル仕様となっていて、右足側にはフットレスト
  • コクピット左側のカバーを外すと駆動チェーン
  • フロントフードの下には50ccエンジン(写真右)とステアリングシャフト(写真左)
  • コクピットの雰囲気は本物のセブンを忠実に再現している
  • 中村さんのガレージ&工房には、おびただしい数の原付カー(と、そのパーツや残骸?)がみてとれる
  • 原寸大(=本物の)セブンの3/4程度に縮小された、いわば公道を走るスケールモデル

本物そっくりだけど1人乗りの小さな「セブン」は自分専用仕様

1980年代初頭にスズキがごく少数を販売した原付カー「CV1」については以前の本連載でご紹介しましたが、今回ご紹介するのも、同じく原付カー。どちらも原付四輪ナンバーを取得した公道走行可能モデルで、じつはオーナーも同一人物。しかしCV1が大手自動車メーカーが製作した「量産車」であるのに対し、こちらの「セブン50」は、ほぼ手作りのワンオフモデルです。はたしてその素性とは?

50ccエンジンを積む「原付カー」の世界

原付カーというジャンルの乗り物がある。その名の通り排気量50cc以下、または定格出力0.6kW以下の原動機(モーター)を有する普通自動車で、そのサイズは長さ2.5m×幅1.3m×高さ2.0m以下とされている。

町工場レベルの設備でも生産でき、普通車に比べると構造に関する法規的な制約も少ないという簡便さから、二度の石油危機を経て省エネが叫ばれ始めた1980年初頭には規模の大小を問わず、いくつものメーカーから多数の原付カーがリリースされた。

日本ではスズキ「CV1」や光岡自動車の「BUBU」シリーズなどがよく知られた存在だが、フランスやイタリアなどでも類似の超小型コミューターがいくつも生まれ、その中のいくつかは当時わが国にも輸入されていた。また現在では、コンビニの配送などに使われているトヨタ車体の「コムス」などがお馴染みであろう。

オーナーはもともと本職のメカニックだったが……

若かりし頃からクルマとバイクが好きだったという中村 清さんは1953年生まれの70歳。トヨタ自動車大学校を卒業後、トヨタフォークリフト(現トヨタL&F)に入社。プロのメカニックとしてのキャリアをスタートさせた。

研鑽を積んだ中村さんは40歳を迎えた時点で独立し重機の整備を行う会社を設立する。その後、仕事は順調に発展し、日本全国を飛び回りつつも自宅には趣味のクルマやバイクいじりのための作業工房も設置。多忙だが充実した日々を送っていた。

しかし好事魔多し。今から20年ほど前、50歳のときに中村さんは突如病魔に倒れてしまうのである。幸い一命は取り留めたものの、その脳梗塞の後遺症で右半身に麻痺が残ってしまった中村さん。身体障がい者用の「オートマ・左足アクセル限定免許」で免許証は更新できたものの、今まで同様に仕事を続けるのは無理となり、失意の底に打ちひしがれたという。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS