「中古車」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

「新古車や未使用車」ってなに? そのメリットとデメリットとは

新車同様とはいえ、中古車扱いとなる人によってはお買い得なケースも中古車物件のスペックやプライスボードで見かけるのが、「未使用車」、「新古車」、「展示車」という表記。なかには未使用車専門店なんていうのもあったりする。 軽自…

続きを読む...

マークII3兄弟の中古車「15のトラブルポイント」 購入予定者は必読!

チューニング資質が高いからこそJZX系絶対に見逃してはいけないポイントを紹介チューニング人気が高く、中古車市場では高値安定が続くトヨタのマークII・チェイサー・クレスタの3兄弟。ノーマルからチューンド仕様まであらゆる選択...

続きを読む...

生産台数197台!排ガス規制で短命に終わった悲運のGT-R「KPGC110」

オイルショックがなかったならば「ケンメリR」はより進化を遂げていたスーパーグランツーリスモの性能とスタイリッシュなフォルムを融合させた究極のロードゴーイングカー、日産が誇るハードトップ2000GT-R(KPGC110型)...

続きを読む...

輸入車乗りに聞く「旧世代インポートに乗って良かったこと、大変だったこと」

「壊れやすいけど惹かれる理由は?」4人が語る”古き輸入車ライフ”の本音「af imp.スーパーカーニバル2018」には、多くのインポートカー乗りが集結したが、なかには旧き輸入車乗りの姿を見ることも...

続きを読む...

SUBARUスペシャリストの老舗が語る「中古レガシィの選び方」

「歴代モデルの魅力と狙い目」を中津スバル代表が本音を暴露6世代28年の歴史を持つSUBARUの基幹車種「レガシィ・シリーズ」。歴代それぞれに独自の魅力があるが、中古車として狙い目なのはどのモデルなのか? 創業から60年目...

続きを読む...

ホイールベース短縮でサーキットを征服したGT-R 「ハコスカ」はこんなクルマだった

コンピュータを使って車体設計コンマ1秒を削るための偉大なる努力ロータリ―勢の台頭を予感させた昭和45(1970)年。その年の10月に、ライバルを突き放すべく登場したKPGC10。卓越したエンジン性能のみならず、運動性能、...

続きを読む...

【コラム】魅惑の100万円の輸入中古車ライフについて考える

『美魔車』とのおつきあいは、ドロ沼なのか、桃源郷なのか!?世界的にカネ余りのためか、クラシックカーの価格が高騰している。SNSの普及によって、カーマニアの情報もあまねくグローバルに行き渡るようになった。日本国内の国産・輸...

続きを読む...

人気の中古「MT車」は格安AT車の「MT載せ替え」のほうがオトク?

トヨタの人気ツアラー系では約50万円でMT載せ替え可能いまや希少となってきたマニュアルトランスミッション(MT)車。特に走りを楽しむ国産スポーツカーにおいては、中古車相場もオートマチックトランスミッション(AT/以下オー...

続きを読む...

今なら売れる!? レガシィのピックアップトラック版「BAJA」ってこんなクルマだった

ランカスターの荷台をぶった切りした15年前の珍車を”今ごろレポート”車室部以降に開放的な荷台を備えた車体形状を持つ、ピックアップ。北米では売れまくっているのに、国内では”働くクルマ&#...

続きを読む...

現代でこそ輝ける!愛おしき「変わり種な国産車」たち【レトロ路線編】

ノーマルのままでも個性満開!!〜レトロ路線に走ったB級クルマな珍モデル〜カスタマイズに興味のある読者にとって、クルマのドレスアップは個性を発揮する手段として必要不可欠だと思う。 エアロパーツ、ローダウン、オールペンなど、...

続きを読む...

「古臭い」がオシャレ!! 見た目はクラシカルでトラブル知らずなカスタム提案

近年のクルマをあえての旧車ルックに変身そんな”ゆる〜い”カーライフはいかが!?この数年、人気を高めているのが旧車。現代のクルマにはない古き良きスタイリングやメカニズムは、その価値を大きく高めてきた...

続きを読む...

【STI名車列伝その6】350台限定『WRX STIスペックC Vリミテッド2005』

FIA公認の世界選手権で日本人として唯一の王者に輝いた記念車2005年PCWRCで新井敏弘選手が世界チャンピオンを獲得した記念に特別仕様車が350台限定で発売された。ドライバー個人を全面的に押し出した商品企画は稀有な存在...

続きを読む...

一生モノの相棒と出会えるチャンス? 1990年代の名車「BNR32」をレストアして販売

R32型スカイラインGT-Rをチューナー目線でレストア&チューニング約22万人もの来場者を集めた関西最大級のカスタムカーショー「大阪オートメッセ2018」。 チューニングカーを集めたブースの一角には、サーキットのタイムア...

続きを読む...

中身はR32型、外身はケンメリ。旧車生活の概念を覆す”スーパーGT-R”の勇姿

クラッシックカーを身近に、快適に楽しむべく一石を投じた「ロッキーオート」の大胆不敵なクルマ作り世界的にも人気、価値ともに高まりつつある日本を代表する名車、スカイラインGT-R。2018年初頭に開催された日本初のヒストリッ...

続きを読む...

1 / 3123
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング