スバル4WD伝説はここから始まった! ラリー界にも衝撃を与えた「レオーネ」とは (1/2ページ)

スバル4WD伝説はここから始まった! ラリー界にも衝撃を与えた「レオーネ」とは

昭和からヨンクといえばスバルだった

 GC型/GD型インプレッサで、グループA規定下およびWRカー規定下のWRCで世界タイトルを勝ち取ったスバルの活躍は記憶に新しい。ソニックブルーのボディカラーに、メインスポンサーであるブリティシュ・アメリカン・タバコの主力商品、ステートエクスプレス555の黄色いロゴをあしらったカラーリングは、競技車両の鮮烈な走りと相乗効果を生み、ラリーファン、スバルファンに強烈な印象を残していた。スバル・レオーネは乗用車に4WDを取り入れた先駆けであり世界ラリー選手権でも活躍、以後WRCチャンピオンのインプレッサを生み出す源流とも言える
 今では「スバルといえば4WD、4WDといえばスバル」というほど強い商品イメージが出来上がっているSUBARUだが、四輪駆動車の歴史は古く、1972年までさかのぼる。

乗用車4駆の先駆けとなったスバル レオーネ

 もともとスバルの小型乗用車は、1966年に登場したスバル1000が発端となりff-1(1100cc)、1300G(1300cc)と発展し、1971年に第2世代のレオーネにバトンタッチする歩みを見せていた。スバル・レオーネは乗用車に4WDを取り入れた先駆けであり世界ラリー選手権でも活躍、以後WRCチャンピオンのインプレッサを生み出す源流とも言える

 レオーネは、独創的だったスバル1000系の基本メカニズムである縦置き水平対向エンジンやFFの駆動方式を土台に、汎用メカニズムの採用やデザイン面に工夫を凝らし、より幅広いユーザー層の獲得を目指した商品企画を基本にする車両だった。スバル・レオーネは乗用車に4WDを取り入れた先駆けであり世界ラリー選手権でも活躍、以後WRCチャンピオンのインプレッサを生み出す源流とも言える
 1972年、このレオーネに異色のモデルが追加された。前年、山岳作業車として東北電力のオーダーに応えた1300Gバン4WDをヒントに、レオーネエステートバンに4WD仕様車を加えたのである。スバル・レオーネは乗用車に4WDを取り入れた先駆けであり世界ラリー選手権でも活躍、以後WRCチャンピオンのインプレッサを生み出す源流とも言える

 当時、4WDと言えばジープに代表されるヘビーデューティモデルしか存在しなかったが、レオーネ4WDは、乗用車感覚で使える悪路走破力に優れたモデルを目指していた。なお、採用モデルがセダンではなく商用ユースのバンだったのは、まだ一般の乗用車で4WD方式に需要が生じる時代ではないと判断されたためだ。スバル・レオーネは乗用車に4WDを取り入れた先駆けであり世界ラリー選手権でも活躍、以後WRCチャンピオンのインプレッサを生み出す源流とも言える
 しかし、1975年になると4ドアセダンに4WDモデルが新設された。降雪地域で4WDの利点が認識され始めたのである。ちなみにスバルが採用した4WD方式は、セレクターによって2WDと4WDを切り替えるパートタイム方式で、この方式は1979年に切り替わる次世代レオーネにそのまま引き継がれることになる。スバル・レオーネは乗用車に4WDを取り入れた先駆けであり世界ラリー選手権でも活躍、以後WRCチャンピオンのインプレッサを生み出す源流とも言える

 この第2世代レオーネは4ドアセダン、2ドアハードトップ、エステートバンの車型に、スイングバックと名付けられた2BOXボディの3ドアハッチバック車が加えられていた。若者を対象としたモデルで、当時4WD路線を重要視し始めていたスバルは、このスイングバックにも4WDモデルを用意していた。

画像ギャラリー