無念の終盤エンジンブロー   HRE16号車はタイトル奪回に及ばず!【NASCARトラックシリーズ 第22戦】 (1/2ページ)

無念の終盤エンジンブロー    HRE16号車はタイトル奪回に及ばず!【NASCARトラックシリーズ 第22戦】

プレイオフ最終戦に進出できず  2年ぶりのタイトルの夢は潰える

 アメリカでもっとも人気のある自動車レース「NASCAR(ナスカー)」で、服部茂章氏がチームオーナーを務め、ナスカーでは唯一の日本人オーナーチームとなる「Hattori Racing Enterprises(HRE)」。このHREはピックアップトラックで競われる「NASCAR GANDER RV & OUTDOORS TRUCK SERIES(トラックシリーズ)」を2018年に制しており、今シーズンも2年ぶりのタイトル獲得に向けて、挑戦を続けていた。

【関連記事】「寒いほうが速い」のは何故? 冬にサーキットを走る「メリット」と「意外な注意点」とは

ファイナルステージ進出を掛けていたアイシンTOYOTAタンドラ画像はこちら 全23戦で行われるこのトラックシリーズは10月30日(金)、最終戦の一つ前となる、第22戦をバージニア州にあるマーティンズビル・スピードウェイで迎えた。HREの「#16 AISINGROUP TOYOTA TUNDRA」をドライブするオースティン・ヒル選手は、ここまでプレイオフ第2ラウンドに進出。この第2ラウンド最終戦となる第22戦でプレイオフ・ランキング4位以上をキープし、プレイオフ・ファイナルラウンドへ進出しシリーズチャンピオンを狙うこととなっている。オースティン・ヒル選手画像はこちら そのプレイオフ・ファイナルラウンドへの進出を掛けた第22戦「NASCAR Hall of Fame 200」を開催するマーティンズビルは、全長0.526マイル(約846m)のショート・オーバル。路面のアウト側はアスファルト、ターンのイン側だけコンクリートという複合路面のためセッティングが難しい。

 ターンのバンク角は12度とフラットに近く、ストレートとヘアピンを組み合わせたようなコースはその形状からペーパークリップの愛称で呼ばれている。シリーズ屈指のハードブレーキトラックであり、ターンでは右フロントタイヤに大きな加重がかかる。今回の第22戦では、第1ステージ50周・第2ステージ50周、最終ステージ100周の計200周で競うこととなる。マーティンズビル ショート・オーバルでの戦い画像はこちら 新型コロナウィルス感染拡大の影響で、ナスカーでは、無観客レースであり、練習走行も予選セッションもないレース・フォーマットのレースを開催しており、このトラックシリーズ第22戦も同様のフォーマットを採用。HRE16号車は、抽選で3番グリッドを獲得。上位集団からレースをスタートさせることとなった。

 決勝レース開始直後、ヒル選手はいつものスタートダッシュを見せるかと思われたが、タイヤのグリップ不足があっていったんは4番手に順位を落とす展開からレースはスタートした。その後タイヤが温まってきてスピードを取り戻した16号車だったが、今度は20周過ぎから原因不明のトラクション不足が発生、見る見るうちに順位を下げてしまう。HREの「#16 AISINGROUP TOYOTA TUNDRA」画像はこちら チームとしては車両をピットに戻してチェックをしたいところだが、1周19秒ほどで周回しているこのショートオーバルのコースでは、グリーンフラッグ下でのピット作業は取り返しのつかないラップ差になってしまうことから、ヒル選手は我慢の走行を続けることに。

画像ギャラリー