クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 「グループAモチーフのR32GT-R」に2台しか存在しない「R34 NISMO S-Tune」! GT-Rだらけの巨大ミーティングで見つけた「気になる2台」
CUSTOM
share:

「グループAモチーフのR32GT-R」に2台しか存在しない「R34 NISMO S-Tune」! GT-Rだらけの巨大ミーティングで見つけた「気になる2台」

投稿日:

TEXT: 小鮒康一 PHOTO: Auto Messe Web編集部 米澤 徹

R’sミーティングで見かけた車両をピックアップ!

 10月24日に富士スピードウェイで開催されたGT-Rの祭典「R’sミーティング」には、およそ500台のGT-Rと4000人を超える来場者が訪れ大いに盛り上がった。そんな同イベント会場で見つけた気になる車両をピックアップして紹介しよう。

R32スカイラインGT-R オーナー:可児正之さん

 まず紹介するのは、往年のGT-Rファンであればその雄姿が脳裏に焼き付いているに違いないグループA車両をモチーフとした可児さんのR32スカイラインGT-Rだ。R`sミーティングで見かけたスカイラインGT-R イベント当日は奥さまの絵莉香さんとお子さんの啓介くん、豪介くんと家族4人で現地入りした可児さんだけに、スパルタンな室内には似つかわしくないチャイルドシートがしっかり装着されていたが、これは今回のために装着したもの。すでに10年ほど所有しているというが、家庭環境が変わっても愛され続けている1台である。R`sミーティングで見かけたスカイラインGT-R グループAモチーフということでフェンダーギリギリまで張り出したタイヤがインパクト大。だが、フェンダーとの干渉を恐れて引っ張り気味のタイヤを装着するドレスアップ系車両とは異なり、275/40R18という極太サイズのADVAN A052を装着。にもかかわらずステアリングは全切りが可能というから驚きだ。R`sミーティングで見かけたスカイラインGT-R エクステリアはもともとガンメタだったボディを、NISMOのZ-tuneのイメージカラーでもあったダイヤモンドシルバーへ全塗装。当日は塗り上がったばかりということで、仕上げの磨き前の参加となったそう。一方の内装は当時のタイサンGT-Rをイメージしてホワイトにペイントしてあり、スパルタンながらレースカーのクリーンさも持ち合わせていた。R`sミーティングで見かけたスカイラインGT-R 気になるエンジンはグループA仕様のカムやバルブスプリングなどを奢り、モーテックで制御することでグループA車両を上まわる660ps/69kg-mというパワーを発生。じつは可児さんはレーシングドライバーで、平手晃平氏が運営する「車で遊ぼう!」の耐久レースドライバーに選出されており、過去にはR32タイプMでドリフトをしていた腕の持ち主なのだ。R`sミーティングで見かけたスカイラインGT-R 今後は純正ブレンボからブレーキをアップグレードしたいという可児さんのR32は、まだまだ進化することを止めることはなさそうである。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS