ここからスバルの4WD伝説が始まった! スバリストが足を向けて寝られない「初代レオーネ」誕生秘話 (1/2ページ)

ここからスバルの4WD伝説が始まった! スバリストが足を向けて寝られない「初代レオーネ」誕生秘話

この記事をまとめると

  • 若者志向の乗用車として1971年に登場した「スバル・レオーネ」
  • スバル初の4WD乗用車「レオーネ4WDエステートバン」は1972年発売
  • トランスミッションのラインアップにもこだわりが見られる

FFスバルの先鋒「スバル1000」の志を継いで

 そんななか、初代の「レオーネ」が発売となった……と、レオーネの話をする前にもう1台触れておきたいのが、前身の「スバル1000」(1965年)だ。このモデルは、それまでRRの軽自動車、「スバル360」を手がけていたスバルが、小型乗用車市場へも打って出るために作られた車種で、量産車として日本初のFF車。他メーカーの乗用車がトラックに端を発したFRだったのに対して、トラックをもたなかったスバルだからこその意欲作でもあった。

 だが、水平対向エンジン、冷却ファンを持たないデュアルラジエター方式など、独創的なメカニズムでマニア気質のユーザーからの支持は得たものの、「カローラ」、「サニー」といったライバル車の存在もあり、広く販売には結びつくまでに至らなかった。

スバル1000は1965年末にお披露目され翌年5月発売

ヤング志向のモデルとしてクーペから発売

 そこで1971年になり、それまでの「ff−1 1300G」をフェードアウトさせつつ、より若いユーザーに狙いを定めて登場したのが初代の「レオーネ」だった。レオーネとはイタリア語で「雄ライオン」を意味し、じつに猛々しいネーミング。そして注目されるのは、まずクーペから登場したということ。前述したとおり若々しいイメージを狙ってのことで、スタイリングもドアが天地に厚みがありウインドウとルーフを上から押し付けたような、スポーティでダイナミックなものだった。

1971年にまずレオーネクーペが発売

 写真のなかに写してあるのは、このクーペが登場した際に広告にも登場した尾崎紀世彦(少し前に他界された)が歌うCMソング(タイトルは「どこから来たのか、お前と俺」)が収録されたソノシート。当時、小6だった筆者が自転車でディーラーの発表展示会に行き、そのときに貰ってきたものだ。同じ写真に見えるレオーネの実車のボディサイドに装着されていたエンブレムは、後年、道端かどこかに落ちていたものだったと思う。

当時のCMソングは尾崎紀世彦が歌っていた

スバル初の4WD車は東北電力の依頼がキッカケ

 このレオーネには、クーペ(1971年10月)を追って1972年2月には4ドアセダンが登場。ちなみにこのセダンのドアはサッシュレス構造で、これは以降、レガシィやインプレッサなどでも踏襲されることに。

 そして1972年9月に登場したのが「レオーネ4WDエステートバン」だった。これはスバルのオフィシャルな社史のなかでも紹介されているエピソードだが、この4WDエステートバンの生まれたキッカケは、東北電力から「送電線保守作業用にスバル1000バンの4WD化ができないか」との改造依頼が、当時の宮城スバル自動車に持ち込まれたところから始まった、という。そこでスバル技術本部に専門の4WDチームが発足、開発されたクルマだったのだ。当初は事業用などに月販100台程度だったそうだが、しかし粘り強く販売が続けられた結果、後世のレガシィへと繋がるスバルの4WD技術の発展があったという訳だ。

エステートバンがスバル初の4WD乗用車となった

スバルの乗用4WDのルーツとされる「レオーネ4WDエステートバン」が発売されたのが1972年。今からちょうど50年前のことになる。71年に若いユーザーに狙いを定めて登場した初代「レオーネ」。4WDエステートバンは電力会社からの依頼がきっかけだった。