イジり倒すならNA軽が最強! カリッカリのフルチューンでも50万円切りが可能だった (1/2ページ)

イジり倒すならNA軽が最強! カリッカリのフルチューンでも50万円切りが可能だった

最低限でまとめるなら意外と安価で仕立てられる

 最近は軽自動車でサーキットを走る人が急増中。パワーやサイズが適度でビギナーでも扱いやすいとか、気軽に買える普通車が減ったなど理由は色々とある。とくに大きいのは車両および維持費の安さだろう。モチロン極端に値上がりしている絶版車もあるにはあるものの、いわゆる廉価グレードや商用タイプのバンであれば、うまくいけばひとケタ万円で手に入るケースがある。

【関連記事】トヨタ「ヴォクシー」を全身カスタムペイント! 格上「アルヴェル」に負けない迫力とは

東北660選手権のイメージ画像はこちら

 そして小排気量だけに税金はリーズナブルだし、タイヤも外径が小さく気軽に購入できる価格だ。ガンガン走って楽しむ人には最高の選択肢といっても過言ではない。ではチューニングするとなれば費用はどうか? モチロンお金が無尽蔵にあれば上限はないに等しく、200万円や300万円くらいは軽く吹き飛んでしまう。そんな極端すぎるケースはひとまず置いておき、標準的なサーキット仕様の費用を算出してみたい。

NAエンジンなら最低45万円程度あれば完璧

 モデルはNAの軽自動車によるレース『東北660選手権』で、もっともベーシックで改造範囲が制限されている3クラスの場合。まず装着が義務とされているロールケージで10~15万円、車高調整式のサスペンションが10~20万円、バケットシートに4点式シートベルトで15~20万円、吸排気系にブレーキなどで10~15万円が目安だ。

【関連記事】トヨタ「ヴォクシー」を全身カスタムペイント! 格上「アルヴェル」に負けない迫力とは

ロールバー画像はこちら

 タイヤやブレーキといった消耗品はまた別となるが、最安で揃ったと仮定すると45万円くらいで済み、中古パーツが見つかればさらに安く作れる。参加者に話を聞くと何もかも新品という人は非常に少なく、でき上がっているレース車両を探して買うパターンも多かった。いずれにせよNAの軽自動車なら50万円あれば、そこそこのサーキット仕様が完成すると思われる。

 ちなみにECUやクロスミッションなどが使える、東北660選手権の最高峰1クラスで戦うのであれば、上記にプラスして50~70万円のコストが必要とのこと。確実にクルマ本体の金額を大きく超えるはずだが、150万円ほどでトップクラスの戦闘力が備わり、フィーリングも異次元となれば十分にアリだ。